映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「妻の愛、娘の時」監督・主演のシルヴィア・チャン来日決定、予告編も公開

80

「妻の愛、娘の時」ビジュアル

「妻の愛、娘の時」ビジュアル

シルヴィア・チャンが監督と主演を務める「妻の愛、娘の時」の公開日が9月1日に決定。予告編がYouTubeにて公開された。

本作ではシルヴィア・チャン演じるフイインが、田舎にある父の墓を移動しようとしたことで巻き起こる騒動を通じて、3世代の女性がそれぞれの人生を見つめ直すさまが描かれる。フイインの夫役で「青い凧」「春の惑い」の監督ティエン・チュアンチュアンが出演しているほか、「空気人形」で日本映画にも参加しているリー・ピンビンが撮影を担当。第12回アジア・フィルム・アワードでは、主演女優賞と生涯貢献賞を獲得した。映像にはフイインと娘が激しく口論する様子や、娘がフイインの父の先妻を訪ねるシーンが収録されている。

また、7月3日にYEBISU GARDEN CINEMAで行われる舞台挨拶には、シルヴィア・チャンとティエン・チュアンチュアンが登壇。シルヴィア・チャンと親交の深い衣装デザイナーのワダエミも参加する予定だ。

「妻の愛、娘の時」は全国で順次公開される。

(c)2017 Beijing Hairun Pictures Co.,Ltd.

映画ナタリーをフォロー