映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「モリのいる場所」山崎努が最後の舞台挨拶に登壇、樹木希林は夫婦円満の秘訣学ぶ

101

モリのいる場所」の大ヒット御礼舞台挨拶が、本日5月26日に東京のシネ・リーブル池袋と愛知・ミッドランドスクエアシネマにて開催された。

沖田修一が監督した本作は、30年間ほとんど家を出ることなく庭に生きる命を描き続けた画家・熊谷守一をモデルに、94歳の彼が過ごす夏の1日を切り取った物語。山崎努がモリ、樹木希林が彼を支える妻・秀子に扮した。

東京での舞台挨拶には、山崎が登壇。「モデルになった熊谷守一先生がとにかく特別なキャラクターなので、沖田監督がどういうふうに撮って、皆さんに伝えるか楽しみだった」と語る山崎は、自身が演じたモリについて「ある部分で本当に変わり者ですから、皆さんに受け入れてもらえるキャラクターなんだろうかと心配でした。こうして皆さんに観ていただける状況になってとてもうれしいというか、正直ホッとしている感じです」と今の心境を明かす。

また本作の宣伝のために多くの取材を受けた山崎は「僕は人前に出るのは苦手なほうで、なるべく宣伝の仕事は勘弁してくださいと言って逃げ回っていた。今回ばかりはそういうわけにいきませんので、プロデューサーに引っ張り回された」と率直に述べ、「でも実はこれが最後。今日皆さんとお会いしてすべて終わりです」と安堵の気持ちを口にした。

そして愛知の舞台挨拶では、樹木と彼女がナレーションを務めたドキュメンタリー「人生フルーツ」のプロデューサー・阿武野勝彦がステージに。樹木は、本作を振り返る中で「夫に嫌な思いをさせない、嫌なことをさせないという夫婦円満の秘訣を学びました。娘に『お母さんは逆のことをしている、夫をぺちゃんこにしている』って言われます。勝手に本人が登って落ちている気もするけど……」と夫・内田裕也との関係にも言及する。また本作で学んだ秘訣に関して「『人生フルーツ』の津端英子さんも同じことをおっしゃっていました。英子さんは秀子さんと同じだから夫婦円満なんです」と話した。

なおこの舞台挨拶開催に合わせ、山崎と樹木の出演シーンを捉えた新たな場面写真が多数公開された。「モリのいる場所」は東京・シネスイッチ銀座ほかにて全国ロードショー中。

※山崎努の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2017「モリのいる場所」製作委員会

映画ナタリーをフォロー