映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

棚橋弘至主演「パパはわるものチャンピオン」高橋優の主題歌流れる予告到着

523

プロレスラーの棚橋弘至が主演を務める「パパはわるものチャンピオン」の公開日が9月21日に決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが到着した。

板橋雅弘と吉田尚令による絵本をもとにした本作は、元は人気レスラーだったが、今は悪役レスラー・ゴキブリマスクとして戦う大村孝志とその家族の絆をつづる物語。棚橋が孝志に扮し、孝志の妻・詩織を木村佳乃、息子・祥太を寺田心が演じる。仲里依紗、大泉洋、大谷亮平、寺脇康文もキャストに名を連ねた。

このたび本作の主題歌を高橋優が手がけることが明らかに。YouTubeにて公開された予告編では、高橋の書き下ろし楽曲「ありがとう」が流れる中、ゴキブリマスクだとバレてしまった孝志が祥太に「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われる場面や、プロレスラーのオカダ・カズチカ、田口隆祐、真壁刀義の登場シーンが映し出されていく。

高橋は「いいことばっかりじゃないけどやっぱり大切な人。そんな二人三脚のような人間関係の歌を作りたいと思いました」とコメントし、棚橋は楽曲の感想を「優しく、かつ、力強いメロディーラインに心が震えました。『ありがとう』で生きていこうと、この曲を聴き終えて、あらためて思いました。最高」と語った。

「バルーンリレー」の藤村享平が監督と脚本を担当した「パパはわるものチャンピオン」は全国で公開。

高橋優 コメント

主題歌制作のエピソード

普段から映画が大好きなので、映画の主題歌のお話をいただくと嬉しい気持ちになります。
いつも近くにいさせてもらえるからこその心の安らぎと、すれ違い。愛するがゆえの葛藤。いいことばっかりじゃないけどやっぱり大切な人。そんな二人三脚のような人間関係の歌を作りたいと思いました。

映画を観た感想

プロレスというスポーツに今まで携わった経験が一度もないにも関わらず、ゴキブリマスクの背中にシンパシーを感じている自分に気がつきました。家族として、仕事人として、男としての生き様。そういったことを考えさせられる映画でした。

棚橋弘至 コメント

主題歌を聴いた感想

先日、高橋優さんと2人でお話する機会に恵まれました。主題歌を作る前に作品を何度も何度も観ていただいたそうです。それだけでももう感動なのに……。
感謝の言葉「ありがとう」。伝えなきゃなぁと思いながら、出来てないことが多い日常。家族に、嫁さんに、子供に、友達に、同僚に……。「ありがとう」は「有り難い」が語源で、なかなかないことなんですね。当たり前は当たり前じゃないと。優しく、かつ、力強いメロディーラインに心が震えました。「ありがとう」で生きていこうと、この曲を聴き終えて、あらためて思いました。最高。

(c)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

映画ナタリーをフォロー