映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

櫻井翔と広瀬すずが「ラプラスの魔女」続編に期待、「フランスで撮影したい!」

732

左から櫻井翔、広瀬すず。

左から櫻井翔、広瀬すず。

ラプラスの魔女」のキャスト櫻井翔広瀬すずが、本日5月21日に福岡・太宰府天満宮とT・ジョイ博多を訪れた。

劇中で櫻井が大学教授、広瀬が驚異的な計算能力を持つ魔女を演じたことにちなんで、彼らは学問や文化芸術を祭る太宰府天満宮を参拝した。そしておみくじを引くことになり、吉が出た櫻井は「“安産”と書いてあって、どう捉えていいのかわからなかったです(笑)」とコメント。続く広瀬は小吉を引き当てた。

参拝を済ませたあと、2人はT・ジョイで舞台挨拶に登壇。櫻井は「福岡では北京五輪前に取材で来た際に、長浜の屋台でおでんを食べて過ごしたことが思い出深く残っています」と、福岡を訪問するのは2度目の広瀬は「太宰府天満宮に行けてうれしかったです。空も真っ青でとても綺麗でした」とそれぞれコメントする。また「もし本作の続編が作られたら?」という話題が出た際には、櫻井は「ラプラスがフランス人ということにちなみ、フランスで撮影したいと思っています!」と声を弾ませ、広瀬は「アクションをやりたいです!」と意気込んだ。

「ラプラスの魔女」は全国の劇場で上映中。本作は第21回上海国際映画祭で公式上映されるほか、韓国や中国、東南アジア諸国でも公開される。

(c)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

映画ナタリーをフォロー