映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐藤健、自著「るろうにほん 熊本へ」利益全額を熊本市に寄付

503

佐藤健が、自著「るろうにほん 熊本へ」の利益全額を「熊本市ふるさと応援寄附金」として寄付したことがわかった。

2017年4月14日に発売された「るろうにほん 熊本へ」では、佐藤が県内各地で出会った人々や伝統文化といった熊本県の魅力を紹介。「るろうに剣心」シリーズで主演を務めた佐藤にとって、熊本県は同作の撮影地になった思い出深い場所でもある。寄付金は熊本市における文化ホールの復旧や復興イベントのために利用される予定だ。

このたび佐藤のコメントが到着。「少しでも熊本の皆さんの力になりたいと思って、この本を購入して下さった皆さまに改めて感謝します。この本を手に、熊本へ旅行をして下さった方がたくさんいらっしゃると聞きました。本で紹介しているように熊本は本当に素敵な場所です。これからもぜひ熊本の魅力を見つけに訪れてもらえたら嬉しいです」と述べている。

また「るろうにほん 熊本へ」の台湾翻訳版の発売も決定。発売日など詳細はアミューズの公式サイトで追って発表される。なお佐藤は木梨憲武との共演作「いぬやしき」の公開を4月20日、大友啓史とタッグを組んだ「億男」の公開を10月19日、山田孝之や荒川良々と共演する「ハード・コア」の公開を2018年内に控えている。

映画ナタリーをフォロー