映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

稲垣×草なぎ×香取「クソ野郎」ショップ開店、「大きな一歩を踏み出す場所に」

1671

左から香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛。

左から香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛。

クソ野郎と美しき世界」POP UP SHOPのプレス内覧会が3月19日に開催され、映画に出演する稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾が取材に応じた。

4月6日より2週間限定で上映される「クソ野郎と美しき世界」は園子温山内ケンジ爆笑問題太田光児玉裕一がそれぞれ監督を務めた4つの短編からなるオムニバス映画。その公開に先がけ3月20日から4月20日にかけて東京・帝国ホテルプラザ東京の1階にオープンするポップアップショップには、映画の撮影で実際に使用された衣装、装飾品、ピアノ、さらに独特な形状の“BIGオブジェ”を展示。ショップ内のモニターでは3人のコメントやメイキング映像が放映される。そのほかオリジナルグッズや数量限定の“クソ野郎ベーグル”が取り扱われるほか、店内に併設されたカフェでは特製ブレンドコーヒーも販売される。

店内に足を踏み入れた草なぎは「今日僕らも初めて来たんですが、映画の世界を面白く、アーティスティックに再現していて、ここでしか味わえないような空間になっていると思う」「僕らが大きな一歩を踏み出す場所として、本当にいいお店ができた。いいスタートができるという気持ちです」と述べる。

未完成だという映画の制作状況について、香取は「完成したのかどうかもわからない。誰も観たことのない『クソ野郎と美しき世界』を少しでもここで楽しんでいただけたら」と笑いを起こす。また香取は韓国・平昌パラリンピックに行っていたことから「僕、数日前にもこの映画を少し撮ったんです。平昌から帰ってきたら、いきなり映画のスタッフが『もうちょっと撮って!』って(笑)。すごい少人数のところで『香取さんクランクアップでーす!』って言われて、今ですか!?と」と告白。本作はマスコミ向け試写会も行われないため、香取と草なぎは「劇場に足を運んでくださった方にどんどん発信してもらわないと」「いろんな意味で前代未聞な映画。ある意味、観客の方が歴史的瞬間に立ち会うような作品になれば」とコメントする。

それぞれの出演作について聞かれると、園が監督した第1弾「ピアニストを撃つな!」に参加した稲垣は「僕はピアニストの役。エピソード1にふさわしい、スタートダッシュを切れるような疾走感のある映画です」と説明。山内による第2弾「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」に主演した香取は「絵を描くアーティストの役でした。普段から役作りとかはあまりわからなくて、そのまま作品に入っていくほうなんですが、今回はより『これは本当に僕なんじゃないか?』と思うようなお話でした。4作品のうち一番はっきりと“クソ野郎”なのが僕のエピソードです」と紹介する。

太田がメガホンを取った第3弾「光へ、航る」に参加した草なぎは「太田さんは、園子温さんには負けたくないって言ってました。いい意味でライバル視していて、相乗効果が生まれている」と現場を回想。太田の演出については「太田さんは冗談で『僕はすごい』ってご自身で言っていましたけど、冗談ではなく本当にすごい監督。ご本人がプレイヤーなので、どの役も自分で演じながら演出してくださるのでやりやすかった」と話した。なお児玉が手がけた第4弾「新しい詩(うた)」を含め、最後にはすべての作品がつながるという。

記者から「他のメンバーが演じた役のうち、代わってみたいのは?」と聞かれた稲垣は、「自分の役は自分にしかできないくらい、各々ぴったりだと思う。でもあえてシャッフルするのも面白いですし、慎吾ちゃんの役をやってみたいかな。僕らは月と太陽みたいな感じで、真逆に思われているので」と回答。香取に「今、俺のことを太陽って言ってくれたの?」と聞かれると、「そうだよ。君は僕の太陽だよ」と即答した。

最後に「この中で一番クソ野郎だと思う人を指差してください」と求められた3人。香取が草なぎ、稲垣が自分自身、草なぎが稲垣を指し、多数決で稲垣が“クソ野郎”に決まる。草なぎの答えに稲垣は「慎吾にしたほうが少しシャレになるのに。リアリティを感じた……」と不満気な様子。それを見た香取が「吾郎ちゃんはクソ野郎じゃないよ。あいつ(草なぎ)がクソ野郎だ!」と言うと、草なぎも素直に認めていた。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀

映画「クソ野郎と美しき世界」POP UP SHOP

2018年3月20日(火)~4月20日(金)東京都 帝国ホテルプラザ東京 1階
営業時間 11:00~19:00

(c)2018 ATARASHIICHIZU MOVIE

映画ナタリーをフォロー