映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

稲垣×草なぎ×香取の「クソ野郎」に浅野忠信、満島真之介、馬場ふみか、尾野真千子ら

3099

稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾が出演する4つの短編で構成されたオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」の追加キャストが発表された。

園子温が監督する稲垣の出演作「ピアニストを撃つな!」では、浅野忠信がマッドドッグ(大門)役、満島真之介がジョー役、馬場ふみかがフジコ役を務めることに。そして香取と山内ケンジがタッグを組んだ「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」には歌喰い役で2006年生まれのモデル中島セナ、太田光がメガホンを取り草なぎが出演する「光へ、航る」には妻役で尾野真千子がキャストに名を連ねる。なお児玉裕一監督、クソ野郎★ALL STARS出演の「新しい詩(うた)」がオムニバスの1本として上映されるのは既報の通り。

満島は「何が起こるか予測不可能ですが、とても楽しみです」と、馬場は「稲垣吾郎さん浅野忠信さん満島真之介さんという素敵な先輩方とご一緒できることを光栄に思います」とコメント。また演技初挑戦の中島は「山内ケンジ監督と香取慎吾さんと一緒に作品に関われることが嬉しいです」と出演を喜び、尾野は「一つ一つの言葉を聞き逃さず、この物語を創っていきたいと思います」と意気込んだ。

「クソ野郎と美しき世界」は、4月6日より2週間限定で全国公開。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀

満島真之介 コメント

何が起こるか予測不可能ですが、とても楽しみです。異なる魅力をお持ちのお二方と共に、園さんの描く奇妙な世界へ飛び込みます。

馬場ふみか コメント

稲垣吾郎さん浅野忠信さん満島真之介さんという素敵な先輩方とご一緒できることを光栄に思います。
また、園子温監督といつかお仕事してみたいと思っていたので今回ご一緒できるのが楽しみです。
精一杯作品に向き合って撮影に臨みたいと思います。

中島セナ コメント

演技をするのは初めてなので、役になってセリフを言ったり動いたりすることに不安や緊張はありますが、山内ケンジ監督と香取慎吾さんと一緒に作品に関われることが嬉しいです。今出来ることに一生懸命取り組んでいきたいと思います。

尾野真千子 コメント

爆笑問題 太田光ではなく、監督 太田光という世界観が楽しみすぎです。
一つ一つの言葉を聞き逃さず、この物語を創っていきたいと思います

クソ野郎プロデューサーズ コメント

「ぶっとんでるけど愛がある」というコンセプトから始まったオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」。その一番バッターに相応しいインパクトと実力のある俳優さんということで日本映画界が世界に誇る浅野忠信さんにお願いしました。映画のトーンを決める非常に重要な役どころマッドドッグ(大門)は逃げる女の尻を追いかけ暴れる男。何とも極端な役を彼ならさらに魅力的に演じてくださると思います。ピアニスト役の稲垣吾郎さんとのクソ野郎対決に期待頂きたい。

満島真之介さんに演じて頂くジョーは、強いのに間抜けな弱点があるという物語に必ず必要な“愛すべきいじられ役”的な存在です。満島さんの柔らかくも鋭い表現力でどんなキャラクターに料理されるのか注目したいです。

馬場ふみかさんは、浅野忠信さんと稲垣吾郎さんを狂わすフジコという役柄を、奔放でエロティックながらも品よく演じられる稀有な女優さんだと期待して起用させていただきました。

中島セナさんは、年齢不詳で抽象的な魅力を備えており、不思議な歌喰い役にはぴったりでした。そんな未知数な彼女が、アーティスト役の香取慎吾さんとどんな世界観を作り出してくれるのか楽しみです。

尾野真千子さんは、プロットの段階からお願いしたいと思っていました。尾野さんと草なぎ剛さんという観る者の魂をえぐり散らす演技派の二人にしか生み出せない場面が必ず誕生するはずです。この二人の演技が本気でぶつかりあった先にある神聖な気持ちを期待してやみません。

(c)2018 ATARASHIICHIZU MOVIE

映画ナタリーをフォロー