映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

バカリズム脚本の映画「ひらがな男子」、梶裕貴、市川太一らが応援上映に感激

123

左から矢野奨吾、市川太一、梶裕貴。

左から矢野奨吾、市川太一、梶裕貴。

3月16日、アニメ映画「劇場版 ひらがな男子 ~序~」のプレミア上映会が東京・TOHOシネマズ 新宿で開催。脚本を担当したバカリズム、キャストの梶裕貴、市川太一、矢野奨吾、大地葉、篠田みなみ、監督の水島精二、アニメ制作プロダクション・サンジゲンの代表取締役・松浦裕暁、深夜番組「アイキャラ」出演者の小出祐介(Base Ball Bear)、夢眠ねむでんぱ組.inc)が出席した。

ひらがなを擬人化した「ひらがな男子」は、バカリズム、小出、夢眠が出演する番組「アイキャラ」から生まれたキャラクター。「劇場版 ひらがな男子 ~序~」は、メインキャラの“あ”による仲間探しの旅が描かれる。本作は“応援上映”用に制作されているため、上映前にバカリズムは「普通の作品よりも応援を要求されると思いますので、皆さんどんどん応援してください」と呼びかけた。

上映後、あらためて登壇したバカリズムは「楽しかったです。観客の皆さんはびっくりするくらい声を出すように求められたと思いますけど、これが僕なりの応援上映です」と笑顔を見せる。小出は「アニメ映画としてはもちろん、升野さん(バカリズム)作品としても楽しめました」、夢眠は「升野節が炸裂してましたね! あと応援上映の猛者の方々がチラホラいて、その人たちの応援にも笑わされました」とそれぞれ感想を述べた。水島が「普通のアニメーションよりはコントに近いので引きで撮ることを意識しました」と意図を述べると、バカリズムは「ああ! 確かに」とうなずく。

応援上映はともに初めてという梶と市川。梶は「ツッコむことを許されてる感じが本当に面白かったです。こんなに楽しいもんなんだなと」と話し、市川は「ここまでしゃべっていいんだ!って、茶の間でテレビを観てるような感覚に驚きました。これまで僕が演じてきた役とかけ離れてるキャラクターで、最初はどうしようかなと思ったんですけど、楽しんでいただけてよかったです」とそれぞれ満足げな様子を見せた。梶が「コミカルなテンポで、時には涙ありみたいな展開で進んでいきますが、最後によくわからないけど熱いバトルがある。まさかこの作品で声を潰すとは……ってぐらい叫んだのが思い出ですね」とアフレコを振り返ると、観客から笑いが起きる。

司会から「脚本を書くうえでこだわった部分や大変だった部分はありますか?」と質問されたバカリズムは「2、3時間じゃ収まりきらない情報量なので、どこを省くかという作業には苦労しました」と回答。さらに「ツッコミもあるかと思いますが、お客さんに声を出してもらうことを重視して書きましたね。監督が伝わるように作り込んでくれたのでよかった」と水島に感謝した。

「劇場版 ひらがな男子 ~序~」は5月11日よりTOHOシネマズ 新宿ほかで公開。またイベントでは、プレミア上映会の模様が3月29日深夜放送の「アイキャラ」でオンエアされること、4月から番組がシーズン4に突入することも発表された。

映画ナタリーをフォロー