お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バカリズムがアニメ映画の脚本担当、擬人化された“ひらがな”たちの物語

1196

「劇場版 ひらがな男子 ~序~」ポスタービジュアル(左)と脚本を務めるバカリズム(右)。

「劇場版 ひらがな男子 ~序~」ポスタービジュアル(左)と脚本を務めるバカリズム(右)。

バカリズムがアニメ映画「劇場版 ひらがな男子 ~序~」の脚本を担当することがわかった。

ひらがな男子は名前の通り、ひらがなを擬人化したキャラクター。バカリズム、小出祐介(Base Ball Bear)、夢眠ねむでんぱ組.inc)が視聴者の意見を取り入れながら2次元のアイドル型キャラクターを作る番組「アイキャラ」(日本テレビ)から生まれた。

「劇場版 ひらがな男子 ~序~」の舞台は、世の中から文字が消えてしまった日本。メインキャラクターの“あ”が仲間を探し求める旅に出発するところからストーリーが展開される。また、観客がスクリーンに声援を送れる“応援上映”のスタイルで楽しめること、MAN WITH A MISSIONの楽曲「DON'T LOSE YOURSELF」が挿入歌に使われることも発表された。

同作の公開日は未定だが、来月3月16日(金)には東京・TOHOシネマズ 新宿でプレミア上映が行われる。このイベントにはバカリズム、小出祐介、夢眠ねむ、水島精二監督、声優キャストの梶裕貴、市川太一、矢野奨吾が登壇する予定だ。

「劇場版 ひらがな男子 ~序~」プレミア上映

日時:2018年3月16日(金)19:00開演(予定)
会場:東京・TOHOシネマズ 新宿
チケット:チケットぴあにて2月24日(土)11:00から3月2日(金)11:00までプレリザーブ受付、3月3日(土)10:00から3月15日(木)18:00まで一般販売。

お笑いナタリーをフォロー