映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「花は咲くか」渡邉剣と天野浩成のキスシーンに監督が感激「本能が理性を上回る」

372

「花は咲くか」初日舞台挨拶の様子。左から谷本佳織、小原唯和、天野浩成、渡邉剣、塩野瑛久、水石亜飛夢。

「花は咲くか」初日舞台挨拶の様子。左から谷本佳織、小原唯和、天野浩成、渡邉剣、塩野瑛久、水石亜飛夢。

花は咲くか」の初日舞台挨拶が本日2月24日に東京・池袋HUMAXシネマズで行われ、キャストの渡邉剣天野浩成塩野瑛久小原唯和水石亜飛夢、監督を務めた谷本佳織が登壇した。

本作は、天野扮する37歳のサラリーマン・桜井和明と渡邉演じる19歳の美大生・水川蓉一が惹かれ合う様子を描く物語。初主演を務めた天野は、「ついに僕が主演をやるときが来たのか!とうれしい気持ちでした。原作ものならではのプレッシャーと主演というプレッシャーとがのしかかってきたんですが、なんとかがんばろうと撮影に臨みました」と述懐。また「今日は人生で初めての舞台挨拶で緊張していますが、よろしくお願いします!」と挨拶した映画初出演となる小原を、渡邉や塩野は愛を込めて「フレッシュ!」といじる。

初めてBL作品に挑戦した渡邉は「性別は関係ないのかなとすごく思いました」と感想を述べ、日高ショーコによる原作マンガについても「きれいな描写がたくさんあり、いわゆるラブシーンも少なかったのでBL初心者の方も楽しめると思います」と語る。天野も「原作を知らなかったので、『僕、おじさんだけど大丈夫かな』と思ってました(笑)。でも読ませていただいたら、僕の年代でも大丈夫だなと納得して。素敵な原作だったので参加できてよかったです」とコメント。BLが男性同士の恋愛を指す言葉ということを最初は知らなかったと話す最年少で現役中学生の小原。「でも映画を観たら、すごくきれいな恋愛だと思いました」と続け、水石も「男性同士という先入観がなかったと言ったら嘘になるんですが、観たらただただキュンキュンしました」と述べた。

渡邉が天野とのキスシーンを「思ったより何もなかったです」と振り返ると、天野も「僕は女性とするよりは気が楽でした」と笑顔を見せる。キスシーン自体が初めてだったという渡邉は「(相手が)天野さんでよかった。女性だったらもっとテンパっていただろうなと。桜井さんにリードしてもらう。こんなに気が楽なことはないじゃないですか」とうれしそうに話した。本番前に「思い切りやってください」と天野に耳打ちしたという谷本は「天野さんが『僕にまかせてください』とおっしゃった。本能が理性を上回るようなキスをしてくださいとオーダーしたんですが、まさにその通りのキスをしてくださった」と感激したことを明かした。

最後に渡邉が「原作を知ってる方の反応がちょっと気になるなと思っているんですが、逆にこの映画を観て、知らない方もぜひ読んでほしいと思うくらい僕も原作ファンになりました。映画と原作を比べて、何度も劇場に足を運んでいただけたらうれしいです」と挨拶し、イベントは幕を閉じた。

「花は咲くか」は、東京・池袋HUMAXシネマズ、愛知・109シネマズ名古屋、大阪・あべのアポロシネマで公開。

(c)2018東映ビデオ (c)日高ショーコ/幻冬舎コミックス

映画ナタリーをフォロー