映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ラブライブ!」久保ユリカが映画初主演、猫を抱きながらの会見に「おりこうさん」

771

「猫カフェ」製作発表記者会見の様子。左から沖田光、久保ユリカ。

「猫カフェ」製作発表記者会見の様子。左から沖田光、久保ユリカ。

「猫カフェ」の製作発表記者会見が、猫の日である本日2月22日に東京・猫カフェ MOCHA 秋葉原店にて行われ、キャストの久保ユリカと監督の沖田光が登壇した。

本作は、秋葉原にある猫カフェ「MOCHA」で働く桜木さくらを主人公に、猫たちのもとを訪れる人々の模様を4つのエピソードで描く物語。「ラブライブ!」で声優としても知られる久保は、本作への意気込みを「初主演という言葉が、まだ言い慣れないんですが(笑)。久しぶりに生身の自分でお芝居をするのでドキドキしつつ、でも撮影に入るのが今からとても楽しみです」と語る。

実際の猫カフェでの撮影について久保は、「猫ちゃんと触れ合う機会があまりなかったので、抱っこの仕方を教えていただくことからのスタートなんですが、嫌われないように仲良くやっていきたいなと」と述べる。途中、足元にやってきた猫を見て「今すごい自分のスリッパを猫ちゃんが気にしてるみたいで……かわいいです」とほほえむ場面も。また、役作りについて尋ねられると「作品に合ったナチュラルな明るさや天真爛漫さをお見せできるように、監督と話し合っています」と答えた。

会見の終盤では、猫カフェ MOCHAの名物猫“ぶりちゃん”も登場し写真撮影が行われた。最初は「どうやって抱っこするのが一番いいんでしょう」と不安げだった久保も、大人しく腕に収まるぶりちゃんに「おりこうさんです」と笑顔を見せる。そして最後に沖田が「いろんな悩みを持った人が前向きに生きていくハートウォーミングな内容になっておりますので、猫好きの方にはもちろん、多くの方に楽しんでいただきたいです」とアピールし、会見を締めくくった。

「猫カフェ」は3月1日より撮影開始。また本作は、5月3日~5日に開催される「第3回 秋葉原映画祭2018」の正式出品作品となっている。

映画ナタリーをフォロー