映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

杏とアンジャッシュが「アンパンマン」新作映画にゲスト参加

87

「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」

「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」

劇場版「それいけ!アンパンマン」シリーズ第30弾「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」に、ゲスト声優としてアンジャッシュが参加することが決定した。

テレビシリーズの第1話に登場し、アンパンマン誕生のきっかけとなった“いのちの星”がストーリーに関わる本作。好奇心旺盛でちょっと不思議な子“クルン”とアンパンマンたちが、いのちの星の故郷を救うため奮闘していく。

本作の主人公・クルンを演じる杏は「アンパンマンを見た子供の反応を見て、改めてアンパンマンの持つ力、メッセージ性を感じました。大人たちが子供達に夢や希望を与えたいという思いで作られているのだな、それに加わることができてとても光栄だな、と思いました」と述べ、「なるべく聞こえやすく、耳に入りやすく、あたたかさを感じられるような声をお届けできればと思います」と意気込みを語った。

ばいきんまんの操るメカ“だだんだん”役にキャスティングされたアンジャッシュの渡部建は「僕自身も観ていた国民的アニメなので大変感激しました。二人揃ってあまり仕事をしないアンジャッシュの貴重なコンビ仕事です。ぜひみてください!」、“ゴロンゴロ”役の児嶋一哉は「お話いただきビックリしてますが、大変光栄です。アンが付いてる名前からオファーいただいたと聞いて、覚え辛い名前で苦労してましたがコンビ名をアンジャッシュにして初めていい事がありました」と喜びのコメントを寄せている。

「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」は、6月30日より全国でロードショー。

杏 コメント

アンパンマンを見た子供の反応を見て、改めてアンパンマンの持つ力、メッセージ性を感じました。
大人たちが子供達に夢や希望を与えたいという思いで作られているのだな、それに加わることができてとても光栄だな、と思いました。
みてくださるお子様の中には、これから言葉を覚える段階の子も多くいるかと思います。なるべく聞こえやすく、耳に入りやすく、あたたかさを感じられるような声をお届けできればと思います。

渡部建(アンジャッシュ)コメント

僕自身も観ていた国民的アニメなので大変感激しました。
大学受験中に腰を悪くして長期入院していて、志望校も落ちまくって、絶望している時に、アンパンマンのマーチでとても励まされました。
二人揃ってあまり仕事をしないアンジャッシュの貴重なコンビ仕事です。ぜひみてください!

児嶋一哉(アンジャッシュ)コメント

スケジュールにアンパンマンと書いてあって最初意味が分からなかったです。
お話いただきビックリしてますが、大変光栄です。
アンが付いてる名前からオファーいただいたと聞いて、覚え辛い名前で苦労してましたが
コンビ名をアンジャッシュにして初めていい事がありました。

(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (c)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018

映画ナタリーをフォロー