映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

大泉洋がのび太と星野源を絶賛、「ドラえもん」試写会で「のび太こそ金メダリスト」

1336

「映画ドラえもん のび太の宝島」“大人だけの先行試写会”の様子。左から高橋茂雄、大泉洋、川村元気。

「映画ドラえもん のび太の宝島」“大人だけの先行試写会”の様子。左から高橋茂雄、大泉洋、川村元気。

映画ドラえもん のび太の宝島」の“大人だけの先行試写会”が本日2月19日、東京・スペースFS汐留にて開催され、キャストの大泉洋高橋茂雄サバンナ)、脚本を手がけた川村元気が登壇した。

本作は、カリブ海を舞台に、大航海時代の海賊が隠した財宝を探してドラえもんと仲間たちが冒険を繰り広げる劇場アニメ。大泉が宝島に眠る財宝の鍵を握る人物キャプテン・シルバー、高橋がドラえもんを襲う海賊トマトを演じている。

これまで「映画ドラえもん」を観たことがなかったという大泉は「泣けるとは聞いていて『なんぼのもんじゃい!』と思っていたんですが……まあシルバーがいい」と自画自賛し、「これは泣けるなと。過去作をさかのぼろうと考えてます」とコメント。高橋は「(水田)わさびさんにお会いしたとき感想を聞いたら『今年ヤバい』と返ってきて。もうドラえもんが言ってるやん!と思いました」とドラえもん役の水田とのエピソードを語る。

原作者の藤子・F・不二雄が大好きだと言う川村は「大好きな『ドラえもん』で失敗したら……と恐怖で震えながら(脚本を)書いていました。でも監督の今井一暁さんが素晴らしいコンテを上げてくれた。そして大泉さんや長澤まさみさんが素晴らしくて」とスタッフとゲスト声優を称賛する。その言葉に同じくゲスト声優の高橋が「僕は?」とツッコむと、川村は「高橋さんって気付かなかった」、大泉は「どこで出てるかわからなかった」と返答。2人の態度に高橋は「こんな扱いあるか!」と笑顔で苦情を述べた。

主演作「青天の霹靂」で川村と仕事をしたことに触れた大泉は「こんな男が書いたものに感動させられたと思うと悔しい」と述べた後、「(星野)源ちゃんの曲がいい。一番いいところでかかる挿入歌『ここにいないあなたへ』が素晴らしい」と絶賛。続けて大泉は「川村さんの脚本じゃなくて源ちゃんの曲がいい」と約束事のように語った。

「のび太くんの勇気が泣かせる」と言う大泉は「クライマックスでとんでもないことをする。のび太くんぐらい勇気がある人は世界にいない!」と熱弁。高橋が「平昌オリンピックでメダリストが生まれてますけど、その人たちクラス?」と聞くと、大泉は「のび太くんこそ金メダリスト! まあ、すぐにしずかちゃんも同じことするので、しずかちゃんは銀メダリスト」と思いを明かした。

「映画ドラえもん のび太の宝島」は、3月3日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー