映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「サニー/32」北原里英が新潟で初日迎え「私の宝物」、NGT48メンバーも祝福

548

「サニー/32」新潟先行公開初日舞台挨拶にて、左から荻野由佳、北原里英、白石和彌、加藤美南。

「サニー/32」新潟先行公開初日舞台挨拶にて、左から荻野由佳、北原里英、白石和彌、加藤美南。

サニー/32」の新潟先行公開初日舞台挨拶が、新潟のT・ジョイ新潟万代で2月9日に行われ、主演の北原里英NGT48)と監督の白石和彌が登壇した。

約1年前に新潟で撮影された本作。全国公開に先駆け、NGT48のホームグラウンドでもある新潟での初日を迎え、北原は「この映画は私の宝物で、今日、初日を迎えて自分の手から離れていく感覚が少し寂しかったりもします。皆さんにかわいがっていただけたらうれしいです」と心境を語った。また4月にグループを卒業し、女優として歩み始める北原は「アイドルとして10年間活動してきて、なかなか初体験をすることが少なくなってくると感じていた中で、この作品は全身全霊で初体験をさせてもらったと思っています」と伝える。

白石は助監督時代に撮影でよく新潟を訪れていたとのことで、「映画人生のスタートの地とも言えるここ新潟で監督作品として撮影したいと思っていました」と明かし、「この映画が解き放たれるときが来たな、という思いです。どういうふうにこの映画をお客さんが受け止めてくれるのか、非常に楽しみです」と期待を口にした。

この日は本作の公開を祝して、NGT48から荻野由佳と加藤美南の2人が応援ゲストとして駆け付け、北原と白石に花束を手渡した。荻野は「里英さんにこんな一面があるんだ、こんな役を演じられるんだ、と不思議な気持ちでした。映画もワクワク、ドキドキ、ハラハラがいっぱいで……」と感想を述べ、自身の目を覆いながら「ワッ! ヒー!! キャー!!!」と本作を観た人がどうなるか表現。「本当に最後まで目が離せない映画、『サニー/32』でした」と猛烈にアピールした。

「サニー/32」は2月17日より全国ロードショー。

(c)2018『サニー/32』製作委員会

映画ナタリーをフォロー