映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北原里英が白石和彌とトーク、主演作への思い吐露「サニーに一番救われたのは私」

64

「サニー/32」 トークイベントにて、左から白石和彌、北原里英。

「サニー/32」 トークイベントにて、左から白石和彌、北原里英。

サニー/32」の主演・北原里英NGT48)と監督の白石和彌が、東京・新宿バルト9で2月24日にトークイベントを行った。

「犯罪史上もっともかわいい殺人犯」と呼ばれた11歳の少女“サニー”の狂信的信者に、中学校教師・藤井赤理が拉致されることから展開する本作。物語の流れが変わる赤理の覚醒シーンでは“抱きしめる”という行為が描かれており、白石は「赤理の過去の設定はあまり作っていない。でも過去の経験から『抱きしめられることがない痛み』を持っているとして、赤理には抱きしめてほしいと思っていた」と裏設定を明かす。

北原は、“抱きしめる”行為について「NGT48の中では後輩たちと先輩の私という構図なので、抱きしめることが日常茶飯事。人を殴るよりは、抱きしめるほうが得意」とコメント。赤理を演じるうえで特に意識することはなかったそうだが、白石から「相手の個人を認めてから抱きしめるように」とアドバイスをもらって撮影に臨んだという。

劇中では赤理が被害者・偶像・聖母と多面的な描かれ方をしている。「本当の赤理は一体どの瞬間か?」という質問に、北原は「抱きしめてるとき」ときっぱり。そして「解釈がいろいろある映画だと思うので、どれも正解だと思いますね」と観る者に解釈を委ねる。最後に「サニーに一番救われたのは私じゃないかなと思います」と打ち明け、「観た人の一筋の光になる映画になってくれたらいいですし、非日常を求める方のスパイスになってくれたらいいなと思います」と本作をアピールした。

「サニー/32」は新宿バルト9ほか全国で公開中。

(c)2018『サニー/32』製作委員会

映画ナタリーをフォロー