アニメ映画「スーパーマリオ」企画始動、任天堂とイルミネーションが共同開発

66

任天堂と「ミニオンズ」で知られるイルミネーションエンターテインメントが、任天堂のゲーム「スーパーマリオブラザーズ」に登場するキャラクター・マリオを扱った新作アニメ映画の企画開発を開始した。

左からクリス・メレダンドリ、宮本茂。

左からクリス・メレダンドリ、宮本茂。

大きなサイズで見る(全3件)

映画に出資するのはユニバーサル・ピクチャーズと任天堂。ユニバーサル・ピクチャーズが全世界で配給を行う。イルミネーションエンターテインメント創業者および代表のクリス・メレダンドリと任天堂代表取締役フェローの宮本茂が、プロデューサーを共同で担当する。

なお過去にはハリウッドで「スーパーマリオブラザーズ」が実写映画化され、1993年に「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」として日本公開された。

この記事の画像(全3件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。