映画版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」2019年11月に全米公開決定

118

超音速で走る青いハリネズミ“ソニック”を主人公としたゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が、ハリウッドで映画化。2019年11月15日にアメリカで公開される。

これはセガホールディングスのアメリカ現地子会社セガ・オブ・アメリカが、米パラマウント・ピクチャーズとの長編映画の共同製作に合意し発表されたもの。「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」は1991年にメガドライブ用のゲームソフトとして発売され、その後多くのシリーズタイトルが誕生した作品だ。

映画は実写とCGアニメーションが融合した作品となる。プロデューサーに「ワイルド・スピード」シリーズで知られるニール・H・モリッツ、エグゼクティブプロデューサーに「デッドプール」のティム・ミラーが名を連ね、ジェフ・フォウラーが監督を務める。アニメーションを手がけるのは、「キャプテンハーロック」「バイオハザード:ヴェンデッタ」のマーザ・アニメーションプラネット。

本作はアメリカで公開された後、全世界での公開を予定している。

関連記事

リンク

関連商品