映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岩田剛典を齊藤工が撮り下ろし、「冬きみ」撮影中の姿がフィガロジャポンに掲載

3431

去年の冬、きみと別れ」で共演した岩田剛典斎藤工。斎藤が“齊藤工”名義でフィガロジャポンとWebメディアmadameFIGARO.jpに連載している「活動寫眞館」の最新回に、岩田が登場する。

中村文則の小説を瀧本智行が映画化した「去年の冬、きみと別れ」は、結婚を控えるルポライターの耶雲恭介が、ある事件の真相を追ううちに抜けることのできない罠にはまっていくサスペンス。耶雲を岩田が、彼に追われる天才フォトグラファー・木原坂雄大を斎藤が演じた。

齊藤が、役者やアーティストのモノクロポートレートを撮影する企画「活動寫眞館」。岩田のポートレートは、本日1月20日に発売されるフィガロジャポン2018年3月号とmadameFIGARO.jpのサイトに掲載される。このたびそのアザーカットが到着。これらの写真は、「去年の冬、きみと別れ」のクライマックスシーン撮影中に、齊藤によって撮り下ろされたものだ。

「去年の冬、きみと別れ」は3月10日より全国ロードショー。

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー