映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ウォン・カーウァイ監督作「欲望の翼」リマスター版上映は2月に、予告編も到着

274

「欲望の翼」

「欲望の翼」

ウォン・カーウァイがメガホンを取った「欲望の翼」のデジタルリマスター版が、2月3日に公開決定。YouTubeにて予告編も公開された。

1990年に製作された「欲望の翼」は、1960年代の香港を舞台に、若者たちが織り成す恋愛模様を描いた群像劇。レスリー・チャンマギー・チャントニー・レオンカリーナ・ラウアンディ・ラウジャッキー・チュンがキャストに名を連ねる。撮影は「恋する惑星」「ブエノスアイレス」「花様年華」でもカーウァイとタッグを組んだ、クリストファー・ドイルが担当した。2005年以降上映権が消失していたため、本作のスクリーンでの上映は13年ぶりとなる。

このたび公開された予告編の冒頭には、テネシー・ウィリアムズの「地獄のオルフェウス」から引用された「脚のない鳥がいるそうだ 飛び続けて疲れたら 風の中で眠り 一生に一度だけ地上に降りる」というフレーズが映し出される。これは、2人の女に愛されながらも孤独を抱えた主人公・ヨディの気持ちを表すセリフだ。さらに「彼はあんたを捨てあたしを選んだのよ」「愛してるのか そんなんじゃない 友達だ」といったそれぞれの登場人物を象徴するセリフが、映像とともに紹介されていく。

「欲望の翼」デジタルリマスター版は、東京のBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開。

(c)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー