映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

主演俳優の実体験描く「かぞくへ」予告解禁、原田知世のコメント到着

429

第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された「かぞくへ」の予告編が、YouTubeにて公開された。

監督を務めた春本雄二郎が、主演の松浦慎一郎の実体験をもとに脚本を執筆した本作。家族の温かさを知らない男が親友と婚約者の間で揺れるさまが描かれる。予告編には松浦演じる主人公の旭のほか、梅田誠弘扮する親友の洋人、遠藤祐美演じる旭の婚約者・佳織の姿が捉えられた。

また本作を一足先に鑑賞した女優の原田知世は、「心の友と呼べる人と出会えたなら、人生は豊かなものになるだろう。その人生が終わる時に思い浮かぶ人たちが、私にとっての『家族』という枠を超えた『かぞく』なのかもしれない」とコメントを寄せている。

「かぞくへ」は2月24日より東京・ユーロスペースにて公開。なお本作は、第23回ヴズール国際アジア映画祭にて審査員賞など3部門で賞を獲得している。

(c)『かぞくへ』製作委員会

映画ナタリーをフォロー