映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

見逃した映画特集で「ラ・ラ・ランド」「クーリンチェ」など47作上映

498

2017年に日本公開された映画をまとめて上映する「見逃した映画特集2017」が、12月23日から1月26日にかけて東京・UPLINKで開催される。

上映作品は、第89回アカデミー賞で作品賞を受賞した「ムーンライト」や作曲賞を含む最多6部門に輝いた「ラ・ラ・ランド」、チャン・チェンの銀幕デビュー作「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」、エミール・クストリッツァが監督を務めた「オン・ザ・ミルキー・ロード」など計47本。パク・チャヌクの監督作「お嬢さん」、NASAで働く黒人女性3人の姿を描く「ドリーム」、メル・ギブソンがメガホンを取った「ハクソー・リッジ」、「キングコング:髑髏島の巨神」のジョーダン・ヴォート=ロバーツが手がけた青春映画「キングス・オブ・サマー」に加え、ヴェルナー・ヘルツォーク特集として彼の監督作4本もスクリーンにかけられる。

そのほか「美しい星」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」「幼な子われらに生まれ」「彼女の人生は間違いじゃない」「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」といった邦画も上映。全ラインナップや各作品の上映スケジュールはUPLINKの公式サイトで確認を。

※「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」の古は牛偏に古が正式表記

見逃した映画特集2017

2017年12月23日(土・祝)~2018年1月26日(金)東京都 UPLINK
※12月31日(日)、1月1日(月・祝)は休館
<上映作品>
「ムーンライト」
「ラ・ラ・ランド」
「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」
「オン・ザ・ミルキー・ロード」
「お嬢さん」
「ドリーム」
「ハクソー・リッジ」
「キングス・オブ・サマー」
「美しい星」
「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」
「幼な子われらに生まれ」
「彼女の人生は間違いじゃない」
「夜は短し歩けよ乙女」
「夜明け告げるルーのうた」
たかが世界の終わり
タレンタイム~優しい歌
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
ローサは密告された」ほか
料金:一般 1300円 / 学生・シニア 1100円 / 会員 1000円
※「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」のみ一般・学生・シニア1800円、会員1500円

映画ナタリーをフォロー