映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

楽曲「サマータイム」にインスパイアされた映画公開、寉岡萌希ら出演

55

「世界を変えなかった不確かな罪」

「世界を変えなかった不確かな罪」

新作映画「世界を変えなかった不確かな罪」が、東京・新宿K's cinemaにて12月9日に公開される。

「世界を変えなかった不確かな罪」は、オペラ「ポーギーとベス」に登場するジョージ・ガーシュウィンの楽曲「サマータイム」にインスパイアされた奥田裕介が、3年の歳月をかけて初監督した長編映画。罪を背負った2人の女性ピノとパピコ、孤独な少女・菜摘、謎の男・真島という4人の男女の旅路が描かれる。

ピノ役で「ヘヴンズ ストーリー」の寉岡萌希、パピコ役で「死んだ目をした少年」の紗都希が出演。「暗殺教室」シリーズの松永有紗(旧:佐藤ありさ)が菜摘、「イノセント15」の木村知貴が真島を演じた。ピノとパピコたちが旅の途中で出会う男・後藤役で劇団「椿組」主宰の外波山文明も参加。主題歌として、これまでマイルス・デイヴィス、ジャニス・ジョプリンらがカバーしてきた「サマータイム」を現役高校生の鈴木瑛美子が歌っている。

映画ナタリーをフォロー