映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ヒッチコック特集で「下宿人」「レベッカ」「汚名」など24本を2本立て上映

349

「下宿人」

「下宿人」

アルフレッド・ヒッチコックの特集上映が、東京・シネマヴェーラ渋谷にて12月23日から1月19日にかけて開催される。

この特集は、出身地であるイギリス時代のものから1940年の渡米以降の作品まで幅広くチョイスした24本のヒッチコック作品を2本立てで上映するもの。ラインナップには、ヒッチコック初のスリラー映画「下宿人」、妻と夫の気持ちのすれ違いがドタバタを招くスクリューボールコメディ「スミス夫妻」、後にヒッチコックが自ら「知りすぎていた男」としてリメイクした「暗殺者の家」などが並ぶ。

さらに、ヒッチコックのアメリカ初進出作にしてアカデミー賞作品賞を受賞した「レベッカ」、2分半に及ぶイングリッド・バーグマンケイリー・グラントのキスシーンが有名な「汚名」などもスクリーンにかけられる。

アルフレッド・ヒッチコック監督特集

2017年12月23日(土)~2018年1月19日(金)東京都 シネマヴェーラ渋谷
<上映作品>
下宿人
ダウンヒル
ふしだらな女
リッチ・アンド・ストレンジ
暗殺者の家
三十九夜
間諜最後の日
サボタージュ(1936年)
第3逃亡者
バルカン超特急
巌窟の野獣
レベッカ
海外特派員
スミス夫妻
逃走迷路
疑惑の影
救命艇
汚名
パラダイン夫人の恋
ロープ
山羊座のもとに
見知らぬ乗客
私は告白する
「ミュンヘンへの夜行列車」
料金:一般 1500円 / 会員、シニア 1100円 / 高校・大学生 900円 / 中学生以下 500円

映画ナタリーをフォロー