映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

モーリス・ベジャール「第九交響曲」の舞台裏追う記録映画公開、邦人ダンサーの姿も

42

「ダンシング・ベートーヴェン」

「ダンシング・ベートーヴェン」

振付家モーリス・ベジャールが手がけた「第九交響曲」の舞台裏を捉えたドキュメンタリー「ダンシング・ベートーヴェン」が、12月23日より東京のヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開される。

ベジャールの没後10年を記念した本作は、モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団、指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の共演が生み出した「第九交響曲」東京公演の裏側を追ったもの。「第九交響曲」にはダンサー、オーケストラ、合唱団、総勢350人が参加し、第九をバレエで表現した。

「ダンシング・ベートーヴェン」では、ステージができあがるまでのリハーサルの様子や、ベジャールの後継者ジル・ロマン芸術監督のもと新たに踏み出したモーリス・ベジャール・バレエ団の多様な文化的背景を持つダンサーたちが織りなす人間ドラマがつづられていく。大貫真幹ら日本人ダンサーも登場する。監督を務めたのは「ベジャール、そしてバレエはつづく」のアランチャ・アギーレ

(c)Fondation Maurice Bejart, 2015 (c)Fondation Bejart Ballet Lausanne, 2015

映画ナタリーをフォロー