映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

三浦貴大の主演作「栞」に阿部進之介、池端レイナ、前原滉、佐藤玲、福本清三が出演

23

三浦貴大が主演を務める「栞」の追加キャストが発表され、阿部進之介池端レイナ、前原滉、佐藤玲福本清三が出演することが明らかになった。

榊原有佑がメガホンを取った本作は、三浦演じる理学療法士・高野雅哉の葛藤を描くヒューマンドラマ。白石聖が雅哉の妹・遥、鶴見辰吾が雅哉の父・稔に扮する。

阿部が演じるのは、雅哉に大きな影響を与える半身不随のラグビー選手・藤村孝志。孝志に思いを寄せる看護師・柏木真理を池端が演じ、雅哉の同僚・永田に前原が扮する。佐藤は理学療法士を目指す大学生役、福本は雅哉の祖父役にキャスティングされた。

阿部は「生きるということはどういうことか、改めて考える小さなきっかけになれる映画となることを願っています」、池端は「人の痛みや命の重さと向き合う役を演じたことで、改めて医療現場で働くことの厳しさを痛感しました」とそれぞれコメント。前原は「この映画に出演したことで『尊厳死』について考える機会を頂けて良かったと思っています」と述べている。

「栞」は2018年秋公開予定。

阿部進之介 コメント

役者、スタッフともに素晴らしいチームワークが取れた最高の現場でした。全員が「絶対にいいものを作る」という同じ方向を見ている現場だったので、撮影中はとても自然に自身の役柄である<藤村孝志>としてそこにいることができたと思います。半身不随となったラガーマンを演じるにあたり、体の筋肉を全く動かさないということを体に染み込ませるのはとても難しく、大変な作業でした。自分自身、役柄を通して自分の生き方を考えさせられたので、生きるということはどういうことか、改めて考える小さなきっかけになれる映画となることを願っています。

池端レイナ コメント

重いテーマの映画ではありますが、主演の三浦貴大さんをはじめ、皆さんオンとオフの切り替えが上手な方ばかりだったので、和気あいあいとした現場で楽しくリラックスして演じることができました。初めての看護師役だったので、初めは役作りをどうしようかと悩みましたが、自分が担当している患者さんには、元気でいてほしいという気持ちにあふれた、笑顔を絶やさない、明るい女性でいるように心がけました。人の痛みや命の重さと向き合う役を演じたことで、改めて医療現場で働くことの厳しさを痛感しました。

前原滉 コメント

あまり感情を表に出さず淡々と仕事を続けている理学療法士の永田という役を演じました。一見すると、ドライすぎて冷たい印象を受けるキャラクターですが、それは医療現場の厳しさを知っているからこその彼なりの懸命さなのだということを観ている方々にも伝わるように心がけて演じました。主演の三浦さんはすごく気さくな方で、現場では兄貴分のような存在で僕たちを引っ張ってくれました。これまで尊厳死についてはあまり考えたことがなく、未だ自分の中で答えは出せずにいますが、この映画に出演したことで「尊厳死」について考える機会を頂けて良かったと思っています。

(c)栞製作委員会

映画ナタリーをフォロー