「ツイン・ピークス」K・マクラクラン来日、記者会見で「クーパーに戻りたかった」

94

「ツイン・ピークス The Return」の記者会見が本日7月12日、東京のザ・ペニンシュラ東京にて行われ、キャストのカイル・マクラクランが出席した。

「ツイン・ピークス The Return」記者会見の様子。左から椿鬼奴、カイル・マクラクラン。

「ツイン・ピークス The Return」記者会見の様子。左から椿鬼奴、カイル・マクラクラン。

大きなサイズで見る(全18件)

「ツイン・ピークス The Return」メイキング写真

「ツイン・ピークス The Return」メイキング写真[拡大]

全18エピソードからなる本作は、デヴィッド・リンチが監督を務めるテレビドラマ「ツイン・ピークス」の新シリーズ。前作の25年後が舞台になっており、マクラクランは引き続きFBI捜査官デイル・クーパーを演じる。

カイル・マクラクラン

カイル・マクラクラン[拡大]

新シリーズのオファーが届いたときの心境についてマクラクランは「興奮しましたし、参加することにまったく躊躇はなかったです。クーパーに戻りたいという気持ちがずっと心の中にありました」と振り返り、「デヴィッドと組めることが楽しみでした」と述べて笑顔を見せた。

カイル・マクラクラン

カイル・マクラクラン[拡大]

マクラクランは「ただ郷愁を呼ぶだけでなく、新しいストーリー、新しい方向性が見られると思います」と新シリーズへの期待を煽る。撮影前から台本がすべて完成していたことを明かし、「18時間の長編映画を撮るような形で撮影し、それをデヴィッドが1時間ずつ分けていった」と説明。また「今回、私はいくつかの役を演じさせていただいています。予測できないようなひねりや展開があります」と作品の見どころに触れた。

イベントでは、リンチのビデオメッセージも上映。リンチは「みんなで帰りましょう、『ツイン・ピークス』の世界へ」と日本のファンに呼びかけた。

感極まり涙ぐむ椿鬼奴(左)と、彼女の肩に手を置くカイル・マクラクラン(右)。

感極まり涙ぐむ椿鬼奴(左)と、彼女の肩に手を置くカイル・マクラクラン(右)。[拡大]

同作のファンとして知られるお笑い芸人・椿鬼奴もゲストとしてイベントに登場。メインキャラクターのローラ・パーマーをイメージした格好で登場した椿が感極まり涙ぐむと、マクラクランは優しく彼女の肩に手を置いた。日本のファンへのメッセージを求められたマクラクランは「デヴィッド・リンチ監督によるスペシャルな番組になっています。楽しんでください」とコメントした。

「ツイン・ピークス The Return」は、7月22日からWOWOWプライムにて毎週土曜日に2カ国語版、毎週金曜日に字幕版で放送。

ツイン・ピークス The Return

WOWOWプライム 2017年7月22日(土)スタート
毎週土曜21:00~(2カ国語版)
毎週金曜23:00~(字幕版)
※全18話
※第1話無料放送

この記事の画像・動画(全18件)

関連記事

カイル・マクラクランのほかの記事

リンク

関連商品

(c)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 カイル・マクラクラン / デヴィッド・リンチ / 椿鬼奴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。