高橋一生と武井咲が共演、タナダユキが監督務めた資生堂ショートドラマ公開

307

高橋一生武井咲が主演を務め、タナダユキが監督と脚本を担当したメーキャップブランド「スノービューティー」をモチーフとする連続ショートドラマ「Laundry Snow」が、資生堂のスペシャルサイトとYouTubeにて公開された。

「Laundry Snow朝篇<21:25 東京発、プラハ行き>」のワンシーン。

「Laundry Snow朝篇<21:25 東京発、プラハ行き>」のワンシーン。

大きなサイズで見る(全30件)

「Laundry Snow朝篇<21:25 東京発、プラハ行き>」のワンシーン。

「Laundry Snow朝篇<21:25 東京発、プラハ行き>」のワンシーン。[拡大]

「Laundry Snow」は高橋演じるクリーニング店の店主と、武井が1人2役で演じるヒロイン・椿、花が織りなすラブストーリー。「朝篇<21:25 東京発、プラハ行き>」と「夜篇<夏ノ空ニ、降ル雪ハ>」という2つの物語を通じて、時を超えた恋が描かれる。主題歌の「SURELY」は、ロックバンド・never young beachが7月19日にリリースするニューアルバム「A GOOD TIME」の収録曲だ。

「Laundry Snow夜篇<夏ノ空ニ、降ル雪ハ>」のワンシーン。

「Laundry Snow夜篇<夏ノ空ニ、降ル雪ハ>」のワンシーン。[拡大]

高橋と武井が共演するのは5年ぶり。今回の共演について武井は「高橋さんの独特な間合いや雰囲気を目の前にすると、本当にドキドキするというか、この世にひとつしかいない“物体”みたいな感じというか。なかなかいらっしゃらない方だな、と思って貴重な体験をさせていただきました」と撮影を振り返る。そんな武井について高橋は「すっかり大人なすてきな女性になられているな、と思って」「おじさんは本当にドキドキしっぱなしでございました」とコメント。また、劇中の好きなセリフを尋ねられた高橋は「『これでよかったと思えるいい後悔』ってとてもいい言葉だな、と。ネガティブなものもすごくポジティブに変えられるような、力のある言葉なのかもしれないなと思って」と語っている。

「Laundry Snow朝篇<21:25 東京発、プラハ行き>」のワンシーン。

「Laundry Snow朝篇<21:25 東京発、プラハ行き>」のワンシーン。[拡大]

なお、高橋と武井のサイン入りグッズが当たるキャンペーンも実施中。詳しくは公式サイトで確認を。

この記事の画像・動画(全30件)

関連記事

高橋一生のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 高橋一生 / 武井咲 / タナダユキ / never young beach の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。