映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「獣道」メイキング公開、伊藤沙莉の涙や須賀健太&吉村界人の卓球オフショット

87

「下衆の愛」の内田英治が監督を務めた青春ブラックコメディ「獣道」のメイキング映像がYouTubeにて公開された。

本作では地方都市を舞台に宗教団体、育児放棄、性産業などに翻弄される少年少女の姿が描かれる。自分の居場所を探し風俗の世界に身を落とす少女・愛衣を伊藤沙莉、愛衣に思いを寄せる少年・亮太を須賀健太が演じたほか、吉村界人アントニー韓英恵でんでんらがキャストに名を連ねた。

映像には須賀がヤンキーとの乱闘シーンの撮影で「めっちゃ怖いよ! 絶対勝てないよこんなの」と本音を漏らす場面や、吉村やアントニーと合間に卓球を行うオフショットなどが収められた。さらにクランクアップ直後の伊藤が「こういう役は初めてだったので、本当に不安とか迷いとか葛藤とかたくさんあったけど、皆さんのおかげで毎日楽しく色々刺激を受けながら、愛衣を全うできたんじゃないかなって思っています」と語る様子も。そのほか監督の内田や「さんかく」「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔が、伊藤を絶賛するコメントも到着している。

「獣道」は7月15日より、東京・シネマート新宿ほか全国でロードショー。

内田英治 コメント

早い段階で彼女(伊藤沙莉)と役作りについて話し合いました。日本の映画作りにおいて役者とじっくりと役について話し合うことはなかなか難しいのですが、インディペンデントスタイルということもあり、そこはお互い納得するまでやりました。彼女は、主人公が変化していく過程など、自分なりの演技を引き出そうと必死でした。今回の撮影を通して、多くの監督たちを魅了する理由がよくわかりました。演技はもちろん、存在そのものがとても個性的な女優なのです。今後もどんな女優になるのか、とても楽しみです。

吉田恵輔 コメント

沙莉が素晴らしい。死ぬほど素晴らしい。彼女の為なら死ねる!
私が今、一番仕事したい人が伊藤沙莉。その彼女の魅力をここまで引っ張り出す演出に嫉妬すら覚え、コメント書くのに躊躇してしまう。とは言え、皆に見てもらい、沙莉の素晴らしさを共有したい!

(c)third window films

映画ナタリーをフォロー