映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

栗山千明、中川大志が「パイレーツ・オブ・カリビアン」新作の吹替版に参加

99

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」の日本語吹替版に、栗山千明中川大志が出演していることがわかった。

シリーズ第5弾にあたる本作では、海賊全滅をもくろむ“海の死神”サラザールとジャック・スパロウの戦いや、伝説の秘宝“ポセイドンの槍”の争奪戦が描かれる。ジャック役のジョニー・デップ、サラザール役のハビエル・バルデムのほか、オーランド・ブルームジェフリー・ラッシュカヤ・スコデラーリオブレントン・スウェイツがキャストに名を連ねる。

栗山が息を吹き込むのは、物語の鍵を握る女性天文学者カリーナ・スミス。また中川はブルーム演じるウィル・ターナーの息子、ヘンリー・ターナーに声を当てる。ディズニー作品の吹替に初挑戦した栗山は「素直に嬉しい!と思いました。これだけ大作で、皆が大好きなパイレーツ作品が、自分に務まるのかという不安もありましたが、楽しんでやり遂げることができればよいと思いました」、ハリウッド映画の吹替に初めて挑んだ中川は「移動中にマネージャーさんから聞いて、嬉しくて1回席を立ち上がりました! 大好きな作品に、こんな形で参加させていただくなんて夢にも思っていなくて本当に嬉しかったです!」とそれぞれコメントを寄せた。

「コン・ティキ」のヨアヒム・ローニングエスペン・サンドベリが監督を務める「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」は7月1日より全国でロードショー。

栗山千明 コメント

素直に嬉しい!と思いました。これだけ大作で、皆が大好きなパイレーツ作品が、自分に務まるのかという不安もありましたが、楽しんでやり遂げることができればよいと思いました。
男勝りな性格で、とても自立した大人な女性。女性から見て憧れるような女性像になればいいなと思って力強く演じました。
ジャック・スパロウは唯一無二の存在! 独特の個性とユーモアもたくさんあって、女性からみると少し危ない男性ですが、ハラハラドキドキさせてくれながらも笑わせてくれるお茶目なところも素敵です。

中川大志 コメント

移動中にマネージャーさんから聞いて、嬉しくて1回席を立ち上がりました! 大好きな作品に、こんな形で参加させていただくなんて夢にも思っていなくて本当に嬉しかったです!
生身の役者さんが現場で演じているので、距離感や現場の空気を想像しながら演じました。声だけで、全身の動きや息遣い、エネルギーを表現しなければならないので、普段のお仕事とは全く違う感覚で勉強になりましたし、楽しかったです。
ジャック・スパロウは、ぶれない生き方が同性から見ても憧れます! ちょっと抜けていて「大丈夫?」と心配になるほど頼りないところもありますが、時に鋭くて強い目をする瞬間が本当に大好きです。独特なファッションもかっこよくて憧れます。

(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー