映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「超スーパーヒーロー大戦」九条貴利矢の復活に「泣かないで!」「泣いてないです」

1352

「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」完成披露舞台挨拶の様子。

「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」完成披露舞台挨拶の様子。

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」の完成披露舞台挨拶が、本日3月15日に東京・丸の内TOEIにて開催され、キャストら15名が登壇した。

このイベントには、「仮面ライダーエグゼイド」より飯島寛騎瀬戸利樹松本享恭松田るか小野塚勇人甲斐翔真岩永徹也が、「宇宙戦隊キュウレンジャー」より岐洲匠岸洋佑山崎大輝大久保桜子榊原徹士が参加。さらにゲストである「動物戦隊ジュウオウジャー」の立石晴香と、敵キャラ・ショッカー首領3世役のダイアモンド☆ユカイ、そして監督の金田治が登場した。

冒頭に「ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!」と主人公・宝生永夢のセリフを決めた飯島。「この映画には、総勢100名を超えるヒーローが登場します。昔のヒーローも今のヒーローも出ているので、子供から大人まで楽しんでいただければと思います」と挨拶する。「俺に切れないものはない」というセリフを披露した瀬戸は、「今回1人2役をやらせていただきました。微妙な変化なので難しかったですが、金田監督と相談して作り上げました。どっちが好みかも考えながら観ていただければ」と話す。

松本が「バーン」と観客を撃ち抜くと、小野塚も「ドーン」と便乗して笑いを起こす。甲斐は自らが演じるパラドではなく、グラファイトのセリフ「培養」で挨拶。「恐ろしいのは私自身の才能さー!!」と叫んだ“社長”こと壇黎斗役の岩永は、「この映画はゲームがテーマなので、アイテムがたくさん出てきます。アイテムをどう使いこなして、自分よりも強い相手を倒すか。それが、ゲームを作っている社長としてはうれしくて。やっぱりゲームマスターって神だなって思いました」と“神”発言で観客を沸かせた。

一方キュウレンジャーチームの自己紹介は、岐洲の「よっしゃラッキー!」からスタート。初めての舞台挨拶に緊張気味の岐洲は「大好きな仮面ライダーやスーパー戦隊に囲まれて、主役として出ているので、自分の輝いているところを観てほしい」とアピールする。さらに岸が「俺の毒に気を付けろ」、山崎が「感情とは難しい……」などとセリフを披露していく。また2月にジュウオウジャーの放送が終了したばかりの立石は、「すぐに帰ってくることができてうれしいです、ただいま! (この映画に)もしかしたら私の仲間のジュウオウジャーも登場するかも?」とファンの期待を煽った。

ドラマ本編で消滅し、この映画で復活を果たした九条貴利矢役の小野塚は、「みんな、どうやって現場に迎えてくれるのかなと思ったら……すごく温かくて……」と泣くフリを始める。しかし「貴利矢さん、泣かないで!」と声を掛けた飯島には「泣いてないです」とあっさり返答。また本編で怪演ぶりを見せつけている岩永は、ダイアモンド☆ユカイの演技を見て「すごく楽しそうに演じられていたので、悪役としていろんなことを学びました。僕は最近叫んだり脱いだりしているので……(笑)。それも面白いんですけど、初めの頃のように、デンジャラスゾンビの不気味さをみんなに伝えたいよ!」と告白。小野塚から「オンエア観て、サンシャイン池崎さん並みに体反っててびっくりしちゃった(笑)」とコメントされた。

山崎は、エグゼイドチームと共演した現場を「本当に何もわからない状況からいろいろ教えていただいた。(忙しいスケジュールの中で)洗濯する時間とか、お風呂のタイミングとか(笑)」と振り返る。岸演じるスティンガーは3月12日放送の第5話で仲間に加わったばかりであることから、スパーダ役の榊原が「オリオン号のシーンで、僕とスティンガーさんが何かをするので、それを覚えて帰っていただきたい」とポイントを語った。

終盤には飯島が「見どころたくさんの映画になっていますので、ワクワクしながら、ゲームの中に入り込んで楽しんでください!」と観客へ訴えかける。そして岐洲は「ドラマとはちょっと違う、大人っぽいキュウレンジャーが観られると思うので、楽しみにしていてください」とコメント。最後に3月12日に55歳の誕生日を迎えたダイアモンド☆ユカイへ、歌とケーキのサプライズプレゼントが贈られ、イベントは終了した。

「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」は3月25日より全国ロードショー。

(c)2017「超スーパーヒーロー大戦」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 AG・東映

映画ナタリーをフォロー