映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

乃木坂46・西野七瀬が「あさひなぐ」映画化で主演!齋藤飛鳥は舞台版に主演

387

「あさひなぐ」映画版で主演を務める西野七瀬(左)、舞台版で主演を務める齋藤飛鳥(右)。

「あさひなぐ」映画版で主演を務める西野七瀬(左)、舞台版で主演を務める齋藤飛鳥(右)。

こざき亜衣によるマンガ「あさひなぐ」の映画化・舞台化が決定。乃木坂46のメンバーが主要キャストとして出演する。

これは埼玉・さいたまスーパーアリーナにて2月21日に行われた乃木坂46のアニバーサリーライブ「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」でサプライズ発表されたもの。映画版では西野七瀬が主演を務め、「ヒロイン失格」「トリガール!」の英勉がメガホンを取る。3月にクランクインし、今秋より公開予定だ。西野以外のキャストは追って発表される。

舞台版の主演には齋藤飛鳥が選ばれた。さらに乃木坂46からは井上小百合、新内眞衣、若月佑美生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子が出演。真琴つばさ、石井一彰、則松亜海の参加も決定している。脚本・演出は「二都物語」「フランケンシュタイン」などを手がけた板垣恭一。舞台は5月20日より東京・EX THEATER ROPPONGIほかで上演される。

ビッグコミックスピリッツで連載中の「あさひなぐ」は、薙刀に青春を懸ける女子高生たちの青春物語。中学校まで美術部だった主人公・東島旭をはじめ、薙刀部の個性豊かな仲間たちがインターハイ出場を目指して切磋琢磨する姿が描かれる。原作者のこざきは「乃木坂46というグループの持つ凜とした透明な空気感、可愛らしさだけではない個々の意志の強さのようなものがきっとこの作品に特別な命を吹き込んでくれるものと思います」と期待のコメントを寄せた。

西野七瀬 コメント

原作を読んだ感想は、汗かいて頑張っている登場人物たちが格好よく、とても素敵だなと感じました。負けたくない、勝ちたいという気持ちの強いぶつかり合いに、読んでいてワクワクしました。
主人公の東島旭は、ちょっとどんくさくて 不器用で でも誰よりも努力の人で、真っすぐな人物。まだ今は不安が大きいですが、そんな旭になれるように、まずは薙刀の立ち振る舞いをしっかり練習し、演じきれるよう精一杯頑張ります。

こざき亜衣 コメント

「仲間であり、同時にライバルでもある。」という部活動における武道の性質は、なんだかアイドルに似ているなと漫画を描きながら常々思っていました。それがこんな風に形になる日が来るとは……夢には思ってもまさか実現するとは思いませんでした。乃木坂46というグループの持つ凜とした透明な空気感、可愛らしさだけではない個々の意志の強さのようなものがきっとこの作品に特別な命を吹き込んでくれるものと思います。普段から厳しい世界に身を置く彼女達だからこそ表現できる「あさひなぐ」を、原作者としてとても楽しみにしています。

※記事初出時より写真とコメントを追加しました。

(c)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (c)2017 舞台「あさひなぐ」製作委員会 (c)2011 こざき亜衣/小学館

映画ナタリーをフォロー