映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ビブリア古書堂の事件手帖」が実写&アニメ映画化

387

三上延によるミステリー小説シリーズ「ビブリア古書堂の事件手帖」が実写およびアニメ映画化されることが明らかになった。

原作は、鎌倉の古書店・ビブリア古書堂のうら若き美貌の店主・篠川栞子と本が読めない無骨な青年・五浦大輔が、奇妙な客が持ち込む古書の謎と秘密を解き明かしていくミステリー。2013年には剛力彩芽とAKIRA(EXILE)の共演でドラマ化された。なお2月25日にシリーズ完結となる第7巻「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」が発売される。

実写およびアニメ映画の詳細は続報を待とう。

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

KADOKAWA 2017年2月25日(土)
価格:702円

映画ナタリーをフォロー