映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリアコショドウノジケンテチョウジッシャ

解説

シリーズ累計640万部を突破する三上延のベストセラーが初の映画化。。極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力を持つビブリア古書堂店主の栞子が古書にまつわる謎を解き明かしていく様を描く。栞子を黒木華が、栞子に密かに思いを寄せる、不器用ながらも誠実な青年を野村周平が演じる他、東出昌大や夏帆など旬な若手が集結した。

ストーリー

古書店“ビブリア古書堂“に、亡き祖母の遺品である夏目漱石の『それから』を携えた大輔が現れた。若き店主の篠川栞子に著者のサインの真贋を確かめてもらうためだ。栞子はサインの謎を解き明かし、本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。

2018年11月1日(木)公開 / 上映時間:121分 / 製作:2018年(日本) / 配給:20世紀フォックス映画=KADOKAWA

(C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

(C) PIA

ビブリア古書堂の事件手帖のニュース

映画ナタリーをフォロー