映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吉沢亮がファン2100人と交流、23歳を迎え自身を鼓舞「そろそろだろ、吉沢亮!」

4235

吉沢亮

吉沢亮

吉沢亮のカレンダーお渡しイベントが、本日2月4日に東京・SHIBUYA TSUTAYAにて開催された。

約2100人のファンが訪れたイベント終了後、囲み取材に参加した吉沢。「皆さんすごく熱があるので、1人ひとりからパワーをもらえます。『◯◯してください』って言う人もいれば『応援してます』って言ってくれる人もいて、話す内容が違って面白かったですね」と感想を語る。

2月1日に23歳の誕生日を迎えた吉沢だが、当日の0時に同じ事務所の神木隆之介から電話がかかってきたそう。「僕は映画の現場にいたんですけど、0時になった瞬間に電話が来て『やったわ、こいつ』と思って(笑)。おめでとうとかもなく『うえーい』って言われて、『今度ご飯行こ』って話しました。りゅうとは、最近けっこうご飯食べに行くんですよ」とプライベートでの交流を明かす。

2017年には「トモダチゲーム」のドラマと2本の映画、そして「銀魂」への出演がアナウンスされている。「銀魂」で演じた人気キャラクター・沖田総悟の役作りについては「アニメを観てマンガを読んで、すごく原作を意識しました。これまではあえて読まなかったりもしたんですが、『銀魂』でそれは無理だなって。原作ファンの方々の期待もすごいし、裏切りたくない」と話す。

2016年公開の「サマーソング」に続き、「トモダチゲーム」で2度目の映画主演を務める吉沢。「『サマーソング』を撮ったのはもう2年くらい前ですけど、(その頃の自分とは)変わりまくってます。『サマーソング』の撮影もがんばってそのときの100%を出したんですけど、いざ観てみたら自分の芝居の下手さにびっくりするわけですよ。『今の俺なら100倍くらいうまくできるわ!』って」と振り返りつつ、「成長してるってことであってほしいですけどね。だから、『トモダチゲーム』を観たときもそう思えてればいいな」と話した。

最後にこの先1年間の目標をたずねると、「23歳ですからね。そろそろ若くもないなって……そろそろだろ、吉沢亮!って(笑)」と自分自身を鼓舞。そして「マンガ原作の映画をやらせていただくことが多いので、原作へのリスペクトを忘れないようにしたい。原作ファンの方も、そして自分も納得できるような芝居ができるようになればいいな」と意気込む。さらに現在は、役作りのため減量に励んでいるとのことで「もっとキュッ!っと細くなりたいんです。夜は炭水化物を抜いて、ジムで軽く走ったりもしてます。鍋だけ食べてますね。お酒はガンガン飲んでるんですけど(笑)」とはにかんだ。なお2017年には、ほかにも現在未発表の参加作品が“いっぱいある”とのことなので、ファンは心待ちにしよう。

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー