「警部補 矢部謙三」配信ドラマで復活!生瀬勝久に袴田吉彦がライバル役で対峙

3897

仲間由紀恵と阿部寛主演の「トリック」シリーズに登場するキャラクター、矢部謙三。彼を主人公としたドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」が、auの動画配信サービス・ビデオパスとテレ朝動画にて配信されることが決定した。

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」ビジュアル

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」[拡大]

本作は、2010年と2013年に放送された「警部補 矢部謙三」シリーズの完全新作撮り下ろしドラマ。金と権力に弱く、頭髪に深刻な悩みを抱える刑事・矢部が、持ち前の強運と迷推理をもって難事件に挑む。

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」[拡大]

生瀬勝久が演じる矢部の相棒を務めるのは、池田鉄洋扮する電脳オタク刑事・秋葉原人。矢部の傲慢な仕打ちにもめげない従順な部下だったが、今回2人の関係にある異変が生じてしまう。さらに袴田吉彦演じる天才科学者ディープ・マナブが最強のライバルとして登場。彼が開発した犯罪捜査専門の人工知能と矢部が、秘湯を舞台に頭脳戦を繰り広げる。

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」[拡大]

生瀬は「自分のキャリアの中でも、矢部は特に楽しく演じられるキャラクター」と語り、「どうせやるなら、振り切っていきたいです。『どうしたんだ?』『アイツ大丈夫か?』と周囲をザワつかせるくらい、突き抜けたことをやりたい」と抱負を口にした。そのほかのキャストは大高洋夫内田慈森岡豊上遠野太洸山地まりコビヤマ洋一中村祐志佐戸井けん太大和田伸也ら。テレビシリーズと同じく、演出を木村ひさし、脚本を福田卓郎が担当する。

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」は今春より、ビデオパスとテレ朝動画にて配信スタート。

この記事の画像(全4件)

生瀬勝久 コメント

自分のキャリアの中でも、矢部は特に楽しく演じられるキャラクター。とても好きな作品ですから、4年近く間が空いてのオファーにも、特別な驚きはありませんでした。僕自身、終わったコンテンツだとは思っていませんでしたし、依頼さえあればいつでもやれる自信がありましたから(笑)。今回も、現場での矢部の感じ方、考え方を大切に、傍若無人な矢部らしさを表現できたらと思います。とはいえ、個人的には過去をなぞるのが嫌なたちなので、次に行きたい、何かを変えていきたいという思いもあります。どうせやるなら、振り切っていきたいです。「どうしたんだ?」「アイツ大丈夫か?」と周囲をザワつかせるくらい、突き抜けたことをやりたい。進化した矢部を見てもらいたいと思っています。

全文を表示

関連記事

生瀬勝久のほかの記事

リンク

関連商品

(c)テレビ朝日・東宝

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 TRICK(トリック) / トリック劇場版2 / トリック劇場版 ラストステージ / 生瀬勝久 / 池田鉄洋 / 袴田吉彦 / 大高洋夫 / 内田慈 / 森岡豊 / 上遠野太洸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。