スター・ウォーズのレイア役キャリー・フィッシャー逝去、マーク・ハミルらが追悼

608

スター・ウォーズ」シリーズで知られるキャリー・フィッシャーが、アメリカ現地時間12月27日に逝去したとIndiewireなどが報じた。60歳だった。

「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」より、キャリー・フィッシャー(中央)。(写真提供:Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゼータ イメージ)

「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」より、キャリー・フィッシャー(中央)。(写真提供:Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

「スター・ウォーズ」シリーズの第1作から第3作でレイア・オーガナを演じて注目を集めたフィッシャー。2015年には「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に登場してファンを喜ばせた。なおシリーズ最新作「スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)」の出演シーンはすでに撮影を終えていたという。

12月23日に英ロンドンから米ロサンゼルスへ向かう飛行機内で心臓発作を起こし、病院で治療を受けていたフィッシャー。彼女の死に、同シリーズの共演者たちがTwitterやInstagramなどSNSで言及している。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルは「言葉がない」とコメントを寄せ、チューバッカを演じたピーター・メイヒューは「彼女を心から恋しく思う」と、レイ役のデイジー・リドリーは「さよならを言わなければならないなんてひどい」と悲しんだ。そのほかルピタ・ニョンゴがInstagramにフィッシャーとの2ショット写真を掲載して追悼の意を表している。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

キャリー・フィッシャーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 スター・ウォーズ / スター・ウォーズ 帝国の逆襲 / スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 / スター・ウォーズ/フォースの覚醒 / スター・ウォーズ/最後のジェダイ / キャリー・フィッシャー / マーク・ハミル / ピーター・メイヒュー / デイジー・リドリー / ルピタ・ニョンゴ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。