映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

泉谷しげる、「狂い咲き」イベントで「マッドマックスより面白い!」

208

左から緒方明、石井岳龍、泉谷しげる、笠松則通、PANTA、永野。

左から緒方明、石井岳龍、泉谷しげる、笠松則通、PANTA、永野。

上映イベント「『狂い咲きサンダーロード』完全復活記念 オリジナルネガ・リマスター版プレミア上映 with ライブ&トーク」が、11月12日に東京・シネマート新宿にて行われた。

鮮明によみがえった「狂い咲きサンダーロード」の上映後に、本作で助監督を務めた緒方明が登壇。監督の石井、撮影監督の笠松則通、劇中歌を手がけたPANTA、そして「狂い咲きサンダーロード」を100回近く観たというお笑い芸人・永野を呼び込む。

緒方が「実は本日、スペシャルゲストが駆け付けてくれました」と述べると、「狂い咲きサンダーロード」で音楽監督と美術監督を務め、ポスターのイラストも手がけた泉谷しげるが登場。「“岳龍”って何? 新しい宗教でも入ったの?」といじりながらも、「俺は石井が大好きで、(『狂い咲きサンダーロード』は)自分からやらせてくれって言ったんだよ」「『高校大パニック』のときから一目置いていた」と石井を称賛する。一方、石井は、泉谷に音楽だけでなく美術も任せたことについて「センスや色彩感覚、そして泉谷さんが描いた絵が大好きだったから」と説明した。

「『マッドマックス』と設定が似ていると言われるけど、『狂い咲きサンダーロード』の方が先だからね」と語る泉谷。「撮影が終わったあとみんなで『マッドマックス』を観に行って、『俺たちが作った映画の方が面白いじゃないか!』と話したよ」と当時を振り返る。

最後に泉谷は「石井は現場でのリハがとにかく長い! 超慎重なんだよ。深作欣二並みだね」と指摘しつつ「でも、だからああいう画面が作れる。めちゃくちゃに作ってるように見えても、そうではない」とコメント。「失敗に見えたカットでも、その中から使える“何か”を見つけ出そうとする。作品への愛情の深さが半端じゃない。そうやって作られた映画は永遠に生き続けるんだと思ったね」と、石井へのリスペクトを明かした。

そして、緒方からオリジナルネガ・リマスター版のレイトショー上映が決まったという告知が。このレイトショーはシネマート新宿にて12月10日より、大阪・シネマート心斎橋では12月17日より始まる。

(c)ISHII SOGO ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリーをフォロー