映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

パトレイバーファンの吉浦康裕が「REBOOT」振り返る、「公式で作れてうれしい」

85

「吉浦康裕がパトレイバーREBOOTに至るまで」の様子。左からMCの藤津亮太、吉浦康裕。

「吉浦康裕がパトレイバーREBOOTに至るまで」の様子。左からMCの藤津亮太、吉浦康裕。

新千歳空港国際アニメーション映画祭2016の招待作品「短編映像シリーズ『日本アニメ(ーター)見本市』」の上映が11月5日に北海道・ソラシネマちとせで行われ、トークショー「吉浦康裕がパトレイバーREBOOTに至るまで」に吉浦康裕が登壇した。

「日本アニメ(ーター)見本市」は、アニメ制作会社スタジオカラーとIT企業ドワンゴが手がける短編アニメのシリーズ企画。吉浦は「機動警察パトレイバーREBOOT」で監督を務めた経緯を「『日本アニメ(ーター)見本市』ですでに2本作らせてもらっていたときに、その2本目を納品しにスタジオカラーに行ったんです。そうしたらプロデューサーが『今度、見本市でパトレイバーをやれるかもしれないんだよね』とぼそっと言ったんですよ。その瞬間に全力で『僕がやりたいです!』と両手を挙げました。もともとパトレイバーの大ファンなんです」と明かす。また本作については「過去のキャラクターのその後を描くのではなく、キャラを総取り替えしてもパトレイバーの持っている本質的な面白さに立ち返る。それを愚直に再現するというのが今回のポイントです」と説明した。

続いて、キャラクター原案を担当したゆうきまさみに関する話題に。吉浦は「これは(企画およびエグゼクティブプロデューサーの)庵野秀明さんのオーダーでもあったんですけど、ゆうきさんの絵でやりたいという思いがあったんです」と言及し、「ゆうきさんがマンガを描いているスタジオにお邪魔して、2時間だけいただいて目の前で描いてもらったんですよ。すごく幸せで、こんな作り方でいいのかな?って思いました」と顔をほころばせながら話す。

終盤に吉浦は「作っている間は楽しくてしょうがなかったです。自分がパトレイバーを公式で作れるのがうれしすぎて。作り終えて、Twitterで告知されたときにめちゃくちゃ拡散されたのを見て、初めて怖くなりました(笑)」と述懐。そして「娯楽ド直球みたいな底抜けに楽しいものを作れたと思っています。これまでは伸び悩んでいた時期だったので、この作品が自分にとってターニングポイントになるのは間違いないですね」と手応えを語った。

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー