映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

窪田正孝が藤ヶ谷太輔の“お鼻”に胸キュン、「MARS」初日舞台挨拶

859

「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」初日舞台挨拶の様子。左から耶雲哉治、山崎紘菜、窪田正孝。

「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」初日舞台挨拶の様子。左から耶雲哉治、山崎紘菜、窪田正孝。

MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」の初日舞台挨拶が本日6月18日、東京・お台場シネマージュにて行われ、キャストの藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)、窪田正孝飯豊まりえ山崎紘菜稲葉友、監督の耶雲哉治が登壇した。

惣領冬実によるマンガを原作にした本作は、1月から3月にかけて放送された同名テレビドラマの続編。光と影の二面性を持つ高校生・樫野零を演じた藤ヶ谷は「おはようございマース。初日ということでうれしい気持ちと寂しい気持ちがあります」と作品のタイトルにかけながら挨拶し、「朝からキュンキュンドキドキさせてしまってすいません」と観客に呼びかけた。

一方、零の死んだ弟・聖の親友、桐島牧生役を務めた窪田は「マース! おはようございマース。楽しんでいただけたらと思ってマース……マース」とタイトルを連呼。その言葉に藤ヶ谷が「そんな『押忍!』みたいに使わないでよ」と窪田の肩に手を置きながら笑顔でツッコみ、仲の良さを見せつける。

上映中に泣いていた観客がいたことと絡め、MCから最近泣いたことがあるかを聞かれたキャスト陣。零と恋に落ちる麻生キラ役の飯豊は「昨日、この作品が明日で公開だなって思って、撮影のこと、バーベキューや海のシーンとかを思い出して泣いちゃいました」と返答する。その言葉に「最近は泣いてない」と答えていた藤ヶ谷が「そういえば僕も昨日、バーベキューのシーンを思い出して泣いちゃいましたね」と同調。会場からクスクス笑いが漏れる中、窪田が「僕は、そのシーンに参加してないんですけど……思い出して、泣いちゃいましたね」と被せ、会場を爆笑に包んだ。

MCから最近キュンとしたことを聞かれた藤ヶ谷は「昨日、(窪田と)2人でPRのためにテレビ番組に出演させていただいたんですけど、そのときマサが『犬や猫がいっぱい出てきます』『パンがいっぱい出てきます』って嘘を付いて。そのあと、映画会社の人に怒られていたんですげど、その姿を見てキュンキュンしましたね」と回答。同じ質問に窪田は「太輔くんと番宣させていただいて、横でお鼻を見ているとキュンキュンします。ずっと見てられますよ」と述べ、藤ヶ谷に顔を近づけると観客から黄色い歓声が上がる。

イベントでは劇中に登場する砂の城を模したケーキが登場。その流れで砂の城が登場するシーンを再現することになった藤ヶ谷と飯豊は、顔を赤らめながらも役になりきった。

観客へのメッセージを求められた窪田は「太輔くんと番宣をさせてもらって2人の時間がたくさんあって、先輩や友達、共演者とさまざまな形で付き合えて、そんな中で監督やここにいるキャストと一緒にこの作品を作り上げられて本当に幸せです」と思いを届ける。

最後の挨拶を振られた藤ヶ谷は「撮影のときの感覚や記憶がすごく残っていて、寂しい気持ちがあります」と述べ、「チームワークのとれたキャストとスタッフで出会え、この『MARS』という作品、そして何より樫野零に出会えたことを僕はうれしく思っています。たくさん愛される作品になればいいなと思っていますので、皆さん愛してください」と述べ、イベントの幕を引いた。

(c)劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会 (c)惣領冬実/講談社

映画ナタリーをフォロー