映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

安田顕「クレヨンしんちゃん」舞台挨拶でちゃっかり「変態仮面」続編もPR

349

「映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」公開初日舞台挨拶の様子。

「映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」公開初日舞台挨拶の様子。

本日4月16日、「映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」の公開初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日劇にて開催され、ゲスト声優の安田顕、しんのすけ役の矢島晶子、みさえ役のならはしみき、ひろし役の藤原啓治、ひまわり役のこおろぎさとみが登壇した。

劇団ひとりが監督の高橋渉とともに脚本を手がけた本作は、夢の世界を舞台にしたファンタジーアドベンチャー。主人公・野原しんのすけとカスカベ防衛隊の仲間たちが、人類安眠のため奮闘するさまを描く。

しんのすけが通う幼稚園に転園してきた謎の少女・サキの父親で夢の研究者である貫庭玉(ぬばたま)夢彦を演じた安田は、「お子さんの笑い声というのは聞いてて本当にうれしいですね、耳にうるさくないというか。飛行機とか電車でお子さんの笑い声が聞こえるとかえってうれしくなっちゃうんです。ですから、この映画を観たお子さんが笑っていると幸せな気持ちになります」とコメント。

司会から「普段俳優として演技をされているときは、お子さんの笑い声を起こすような役柄ってあまり多くないですよね」と振られた安田は、「ヘッヘッヘッヘ」と笑い「どういうことですか?」と聞いて会場を沸かせる。司会が「大人受けする役が多いじゃないですか。例えば『HK/変態仮面』での役とか大好きだったんですけど」と答えると、安田は「よくしんちゃんの映画でその話しますね!」とツッコみ、「パート2(『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』)が今度公開されます」とちゃっかり宣伝をして拍手を巻き起こした。また、アフレコでは高橋から「納得いくまで繰り返してくれていい」と言われ、本当に何時間もやり直したところ「もうけっこうです」とストップをかけられたことを明かす。

野原家の面々を演じる矢島、ならはし、藤原、こおろぎは劇中さながらの仲の良さを見せ、藤原が「野原ひろし役で大ブレイクし、おかげさまでこの業界で生き延びております」と挨拶すると、しんのすけが「声が小さい!」と喝。こおろぎが「私もひまわり役でなんとか食いつないでおります」と述べると、しんのすけが「現実味のある話、やめろよー!」とツッコむ場面も。

イベント終盤には、本人役で出演している大和田獏がサプライズ登場。兄である大和田伸也が過去に「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」に出演していることについて、「兄は子供の頃から『しんちゃん』と呼ばれていたので、『クレヨンしんちゃん』にも親近感を持っていたんですよ。出演が決まったとき自慢気に『しんちゃんがしんちゃんに出るぜ』と言ってましたね」と回想し、自身も「俺も出るぜ。大和田獏役だぜ」と自慢したことを明かした。

「映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」は全国で公開中。

※高橋渉の高は、はしごだかが正式表記

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

映画ナタリーをフォロー