東野圭吾「疾風ロンド」阿部寛主演で映画化、主人公は“とにかくツイてない男”

236

東野圭吾の小説「疾風ロンド」が阿部寛主演で映画化決定。現在制作中であることが明らかになった。

「疾風ロンド」より、阿部寛扮する栗林和幸。(c)2016「疾風ロンド」製作委員会

「疾風ロンド」より、阿部寛扮する栗林和幸。(c)2016「疾風ロンド」製作委員会

大きなサイズで見る(全3件)

「疾風ロンド」表紙 (c)東野圭吾 / 実業之日本社

「疾風ロンド」表紙 (c)東野圭吾 / 実業之日本社[拡大]

東野が2013年に発表した「疾風ロンド」は、思春期の息子とのギクシャクした関係に悩む研究員・栗林和幸を主人公としたミステリー。大学の医科学研究所に勤める彼が、わずかな手がかりをもとに超危険生物兵器の行方を追う羽目になり奔走する姿を、コミカルな描写とともに描く。“ちょっと頼りなく、とにかくツイてない男”である栗林を阿部が演じ、連続テレビ小説「あまちゃん」や「サラリーマンNEO」の演出を担当してきた吉田照幸がメガホンを取った。

自身の役どころについて、阿部は「栗林はある種の受け手なので、その中でどんな面白いことができるかを監督と相談しながら演じています。最近あまり演じていないような、ちょっとドタバタとしたキャラクターです」と説明する。スキーの滑走シーンも披露しているというが、滑るのは大学生のとき以来とのこと。「体は覚えていましたが、もちろんそんなにうまくはないです。その分、栗林が滑るシーンでは、すごくリアルで下手な演技になったと思います」と語っている。

吉田照幸 (c)2016「疾風ロンド」製作委員会

吉田照幸 (c)2016「疾風ロンド」製作委員会[拡大]

阿部は東野原作のテレビドラマ「新参者」にて主人公・加賀恭一郎役をシリアスに演じていたが、このたび同じ東野作品にてタイプの違う役に起用された。その理由について、吉田は「僕がやってきたのは真面目にやって笑えるということ。ですので、真面目なキャラクターであればあるほど楽しく、しかも共感が得られる。そういう意味で、阿部さんはやっぱり破壊力があります」と自信をのぞかせる。

撮影は原作のモデルになった長野・野沢温泉スキー場で行われ、見学をしたという東野は「頭の中で描いたシーンが、そのまま目の前で展開されるのを見て感無量でした。地元の方々にも喜んでいただけているようでよかったです」とコメント。そして「小説を読んだ多くの方が『これを映像で見てみたい』と思ったのではないでしょうか。その夢が叶うときがきました」と原作ファンに呼びかけた。

「疾風ロンド」は2月末にクランクインし、4月中旬にクランクアップ予定。11月26日より全国ロードショー。

この記事の画像(全3件)

関連記事

阿部寛のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 疾風ロンド / 阿部寛 / 吉田照幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。