映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ソン・ガンホ×ユ・アイン「王の運命」6月公開、親子のすれ違いが招く歴史的悲劇

53

ソン・ガンホユ・アイン共演の時代劇「王の運命-歴史を変えた八日間-」の日本公開が6月に決定。このたびポスタービジュアルが解禁された。

本作は18世紀の李朝時代、第21代国王・英祖が実子・思悼との確執の末に米びつの中に閉じ込め餓死させたという逸話をもとに描いた物語。息子を王位継承者として立派に育てあげようとする英祖を「スノーピアサー」のソン・ガンホ、父の期待とは裏腹に芸術を好む自由奔放な青年へと成長していく思悼を「ワンドゥギ」のユ・アインが演じている。そのほか英祖の正妻・暎嬪を「テロ,ライブ」のチョン・ヘジン、思悼の息子で第22代国王となる正祖を「ある会社員」のソ・ジソブが務めた。メガホンを取ったのは「王の男」のイ・ジュンイク

このたび公開されたポスタービジュアルには、虚ろな表情で正面を見据える英祖と思悼の姿が。王族らしからぬ衣装を身にまとった思悼からは生気が感じられない。傍らには「李朝最大の謎」「わしが王ではなく お前が王の息子でなければ こうはならなかっただろう」とのコピーが添えられている。

「王の運命-歴史を変えた八日間-」は東京・シネマート新宿ほか全国にて順次公開。

(c)2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリーをフォロー