SABU監督・脚本の新作「ハピネス」2016年秋以降公開へ、主演は永瀬正敏

91

「弾丸ランナー」のSABUが監督・脚本を担当した新作「ハピネス」の詳細が明らかになった。

「ハピネス」

「ハピネス」

大きなサイズで見る(全2件)

「ハピネス」の監督・脚本を担当したSABU。

「ハピネス」の監督・脚本を担当したSABU。[拡大]

SABUにとって長編劇映画14作目となる「ハピネス」は、活気を失った地方の町を舞台にしたヒューマンドラマ。人生でもっとも幸福な瞬間を思い出せるという奇妙なヘルメットを巡り、1人の男と町の人々が交流するさまを描く。

ヘルメットをかぶって町に現れる、謎めいた過去を持つ男・神崎を演じるのは、「あん」の永瀬正敏。神崎の過去に影響を及ぼした若者・井上役には、特撮ドラマ「獣拳戦隊ゲキレンジャー」で主演を努め、俳優集団D-BOYSの一員でもある鈴木裕樹が起用されている。また町役場の職員・石田役で、お笑いコンビ・弾丸ジャッキーオラキオが「天の茶助」に続いてSABU作品へ出演を果たした。

本作は映画製作レーベル、リブマックス・フィルムズの第1弾作品。栃木・足利市、栃木市で撮影が行われ、現在4月中旬の完成を目指してポストプロダクションを進行中。カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭などへの出品を視野に入れつつ、2016年秋以降の劇場公開を予定している。

この記事の画像(全2件)

永瀬正敏 コメント

SABU監督の作り出されたオリジナリティ溢れる物語、ぶれない撮影現場。
今回初めて やっとSABU監督と御一緒出来て、刺激的な撮影期間を過ごせました。

SABU監督 コメント

永瀬さんの深い脚本の読み込みと役柄への洞察力はずば抜けていて、またそれをぶれることなく体現できる技術の素晴らしさにはただ感動するばかりでした。永瀬さんなしには、これほど素晴らしい作品を生み出すことは出来なかったでしょう。またリブマックスの理解あるサポートによって理想的なキャスト、スタッフが実現し、今、僕が本当に撮りたい作品が撮れました。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

SABUのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 SABU / 永瀬正敏 / 鈴木裕樹 / オラキオ / 弾丸ジャッキー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。