映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

小栗旬が「コウノドリ」に準レギュラー出演、主人公に影響与える“普通”の男役

246

左から永井浩之役の小栗旬、鴻鳥サクラ役の綾野剛。(c)TBS

左から永井浩之役の小栗旬、鴻鳥サクラ役の綾野剛。(c)TBS

TBS系で10月16日(金)よりスタートするドラマ「コウノドリ」に、小栗旬が準レギュラー出演することが決定した。

「コウノドリ」は、鈴ノ木ユウの同名マンガを実写化した医療ドラマ。産婦人科医にフォーカスを当て、“命が誕生する現場”に携わるさまざまな人々の姿を描く。主人公・鴻鳥サクラに扮するのは、今回が連続ドラマ単独初主演になる綾野剛

小栗は、サクラの患者となる妊婦の夫・永井浩之役で第2話から登場。ある出来事から思いがけない事態に直面する永井を演じることについて、小栗は「厳しい選択をしなければいけない役なので、きつい役だなとも思いました。でも、『コウノドリ』は(綾野)剛くんがやっている作品なので、なにかしらで参加出来たらと思っていました」と語っている。

小栗旬 コメント

自分が演じる浩之は本当に難しい役だと思います。厳しい選択をしなければいけない役なので、きつい役だなとも思いました。でも、「コウノドリ」は(綾野)剛くんがやっている作品なので、なにかしらで参加出来たらと思っていました。
また、原作を読んで、なかなか男性にはわからないことが描かれているので、すごく勉強になりました。妊婦の大変さだったり、妊婦のおかれている環境は、安定期に入ったからといって、決して安定しているわけではないんだ、ということを僕は知らなかったので、知ることが出来てよかったと思います。

綾野剛 コメント

(小栗)旬くんと一緒に仕事が出来るということ、ましてや自分が主役という立場にいて、そこに参加してもらえること、いろいろな作品を経て、こんな日が本当に来るんだなと感慨深く、感謝です。旬くんが入ってくれることで、心強いですし、作品の強度をあげてもらえると確信しています。僕だけでなくキャスト・スタッフ全員がその心強さを体感していると思います。
また、今回の浩之のような役を演じることは最近は少なかったように思います。かっこいい役、強い役、天才の役は、たくさん見てきましたが、至って普通のお父さんの役で、いきなり思いがけない事態に直面しなければならず、心を揺れ動かしながら、どう生きていくのか……。どういう選択をするのか? 自問自答していきながら、戦っている姿を見られるのが今から楽しみで仕方がないです。

峠田浩プロデューサー コメント

綾野さん、脚本家の山本むつみさん、監督と、今回、コウノドリを作る上で、たくさんの話をしてきました。その中で、原作・コウノドリを大事にしながら、ドラマ版なりの物語の最後を迎えるには、どんな結末がいいかというのが最大の課題でした。そして、私たちなりに、ある結論を出しました。その結末に向け、突き進むには、鴻鳥サクラに大きく影響を与える人物が必要で、それが、原作にも出てきた、この浩之でした。
いわゆる“普通”の男性が、突然、正解のない選択を突きつけられる……。さらに、その後も本当に様々な出来事を乗り越えて、生きていく。その上で、サクラにも大きな影響を与えていく存在。一番難しい“普通”だと思います。
この役については、綾野さん自身も、サクラに確かな影響を与える人物がいいという話をいただきました。もうそれは、小栗さんしかいないと思い、オファーしました。
今回のコウノドリには、スーパーマンは出てきません。それは患者やその家族もそうです。
普通の人間が、様々な喜び、悲しみ、葛藤に向き合っていく。そして、乗り越えていく。
様々な役を演じられてきたことは、言うまでもありませんが、その小栗さんだからこそ、この“普通”を誰よりも説得力を持って、演じていただけると思いました。
小栗さんは、この役を「本当に難しい」と言って、快諾してくださりました。楽しみで仕方ありません。

コウノドリ

TBS系 2015年10月16日(金)スタート 毎週金曜 22:00~
※第1話は15分拡大
<出演者>
綾野剛 / 松岡茉優 / 吉田羊 / 坂口健太郎 / 平山祐介 / 清野菜名 / 豊本明長(東京03)/ 浅野和之 / 江口のりこ / 山口紗弥加 / 星野源 / 大森南朋 / 小栗旬ほか

映画ナタリーをフォロー