映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

綾野剛がプライベートでも検診!?「コウノドリ」舞台挨拶で明かした気持ちの変化

55

「コウノドリ」舞台挨拶の様子。左から吉田羊、大森南朋、綾野剛、松岡茉優、星野源。

「コウノドリ」舞台挨拶の様子。左から吉田羊、大森南朋、綾野剛、松岡茉優、星野源。

鈴ノ木ユウの同名マンガをドラマ化した「コウノドリ」の舞台挨拶付き試写会が10月7日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、鴻鳥サクラ役の綾野剛、下屋加江役の松岡茉優、小松留美子役の吉田羊、四宮春樹役の星野源、今橋貴之役の大森南朋が登壇した。

医療従事者と医学生のみを招いて行われた試写会では、助産師を演じる吉田を除く4人が白衣で登場。上映後に行われた舞台挨拶で松岡は「医療関係者の方ばかりなので、どんなお顔をしているのかなと思っていたら、ライトで顔が全然見えなくて……逆に緊張がほぐれました」とにこやかに語る。星野も「シリアスで冷酷な役なので、皆さんが僕のことを嫌っていないか心配でした」と笑い、「登壇したとき笑顔で迎えてくれたので楽しんでくださったのが伝わってきて、胸が温かくなりました」と観客の反応に安心した様子を見せる。

産婦人科医とピアニストという2つの顔を持つ鴻鳥に扮した綾野は、出産や周産期医療に関するイメージは変わったかという質問に対し「変わりました」と即答。「生活している中で、赤ちゃんやお母さんを見ると必要以上に気になる。友人に妊婦がいたりすると『どういう生活送ってる?』って検診しちゃってる。『安産っていうのは結果論であってね……』とか」と熱弁すると、観客からは拍手が送られた。また原作のファンだと語る吉田は「小松が好きなので、とにかくビジュアルを似せたい。小松はチビという設定ですが、背を縮めることはできないので前髪とお団子に命を懸けています」と役作りのポイントを明かす。

産婦人科や新生児科に関わる人たちを取材し、率直な意見を反映したという本作。星野は「キャストたちがそろって病院見学に行ったとき、先生が小さい声で『あんまりカッコよくしないでくださいね』っておっしゃったんです。それがどうしても頭に残っていて、赤ちゃん、ご家族、医療関係者のことを考えながら演じようと心に決めました」と述懐する。綾野も「素晴らしいキャストとスタッフとともに、ある種とても難しい作品に、勇気を持って向き合っています」と連続ドラマで単独初主演を務める意気込みを語る。最後に「『コウノドリ』という作品を一緒に旅していただけたら幸いです」と観客に語りかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。

「ハナミズキ」「ビリギャル」の土井裕泰、「木更津キャッツアイ・日本シリーズ」「大奥」の金子文紀らが演出を手がけるドラマ「コウノドリ」は、10月16日(金)22時よりTBS系にて放送開始。第1話には清水富美加が初の妊婦役として出演する。

コウノドリ

TBS系 2015年10月16日(金)スタート 毎週金曜 22:00~
※第1話は15分拡大
<出演者>
綾野剛 / 松岡茉優 / 吉田羊 / 坂口健太郎 / 平山祐介 / 清野菜名 / 豊本明長(東京03)/ 浅野和之 / 江口のりこ / 山口紗弥加 / 星野源 / 大森南朋ほか

映画ナタリーをフォロー