映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ハネムーン・キラーズ 」「憂鬱な楽園」など18本、ロードムービー特集が渋谷で

60

「憂鬱な楽園」 (c)1997 松竹株式会社

「憂鬱な楽園」 (c)1997 松竹株式会社

「映画は旅である ロード・ムーヴィーの世界」と銘打たれた特集上映が、10月10日から10月30日にかけて東京・シネマヴェーラにて開催される。

同特集上映では、作曲家のレナード・カッスルが初メガホンを取り、フランソワ・トリュフォーが賞賛した「ハネムーン・キラーズ」、ホウ・シャオシェンが監督を務め、ヤクザな稼業で日々をしのぐ男女3人の放浪を描く「憂鬱な楽園」などがスクリーンにかけられる。またアカデミー賞5部門に輝いたフランク・キャプラの代表作「或る夜の出来事」、全米でベストセラーとなったノンフィクションをショーン・ペンが実写化した「イントゥ・ザ・ワイルド」といった計18本がそろう。

多種多様な旅の形を2本立てで堪能できる同特集上映。タイムスケジュールなどの詳細は公式サイトにて確認してほしい。

映画は旅である ロード・ムーヴィーの世界

2015年10月10日(土)~10月30日(金)東京都 シネマヴェーラ渋谷
2本立て料金:一般 1400円 / シニア、会員 1000円 / 大学・高校生 800円 / 中学生以下 500円
<上映作品>
「ハネムーン・キラーズ」
「憂鬱な楽園」
「或る夜の出来事」
「怒りの葡萄」
「サリヴァンの旅」
「ヒッチハイカー」
「神の道化師、フランチェスコ」
「この庭に死す」
「誓いの休暇」
「トラフィック」
「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」
「春にして君を想う」
「コールド・フィーバー」
「旅するパオジャンフー」
「父、帰る」
「モーターサイクル・ダイアリーズ」
「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」
「イントゥ・ザ・ワイルド」

映画ナタリーをフォロー