映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

スヌーピーミュージアムが2016年3月六本木に誕生、原画の展示やイベント実施も

279

スヌーピーミュージアムの完成予想図。(c)2015 Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアムの完成予想図。(c)2015 Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアムが2016年3月から2018年9月まで、東京・六本木にて開館されることがわかった。

このミュージアムは、スヌーピーファンからは“聖地”と呼ばれるアメリカのチャールズ・M・シュルツ美術館の世界初の分館。スヌーピーらが登場するコミック「ピーナッツ」の原画をはじめ、貴重なヴィンテージグッズやシュルツの初期作品、資料などが6カ月ごとに入れ替えて展示される。

そのほか敷地内にはモニュメントや仕掛けが配置され、ハロウィン、クリスマスなど季節によってさまざまなイベントが実施されるという。併設のミュージアムショップでは限定品やオリジナルグッズの販売、カフェでは「ピーナッツ」に関連したスペシャルメニューの提供を行う。入場券の販売方法や展示内容の詳細は12月に発表される予定だ。

本ミュージアムの開館にあたり、シュルツ夫人は「このマンガの奥深い魅力や、スパーキー(シュルツの愛称)の知られざる横顔に触れることで、スヌーピーやほかのキャラクターをますます好きになってくださることを期待しています」とコメントした。

なお12月4日には、スヌーピーにとって初のCG / 3D長編アニメ「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」が全国で公開される。

ジーン・シュルツ(チャールズ・M・シュルツ夫人)コメント

スヌーピーミュージアムが日本に誕生することは、この上ない喜びです。2013年に森アーツセンターギャラリーで開かれた「スヌーピー展」の成功が、今回のプロジェクトのきっかけとなりました。日本の方々にスヌーピーが活躍する「ピーナッツ」そのものに、もっと親しんでいただけたらと思います。このマンガの奥深い魅力や、スパーキー(シュルツの愛称)の知られざる横顔に触れることで、スヌーピーやほかのキャラクターをますます好きになってくださることを期待しています。

映画ナタリーをフォロー