映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ビートたけしコメディ栄誉賞を受賞、“故郷”浅草で「菊次郎の夏」凱旋上映

36

「菊次郎の夏」(c)1999 バンダイビジュアル・TOKYO FM・日本ヘラルド映画/オフィス北野

「菊次郎の夏」(c)1999 バンダイビジュアル・TOKYO FM・日本ヘラルド映画/オフィス北野

東京の下町、上野と浅草を会場に、9月18日から22日まで行われる第8回したまちコメディ映画祭in台東において、ビートたけしがコメディ栄誉賞を授与されることが明らかになった。

これは、日本未公開作を含む国内外のコメディ映画を上映する、住民参加型の映画祭。いとうせいこうが総合プロデューサーを務め、映画を通して下町の魅力をアピールする。

“笑い”によって多くの人々を楽しませ、活力を与えてきたコメディアンやコメディに関わる人々に授与されるコメディ栄誉賞。これまに小沢昭一、ザ・ドリフターズ、西田敏行などそうそうたる面々が受賞しており、本年度の受賞者ビートたけしは「このたびは、お笑い芸人・ビートたけしと映画監督・北野武のキャリアの両方に対してご評価頂いたという事だと受けとめていますが、自分のコメディアンとしての、また芸能活動の出発点である浅草での受賞ということで、いただけるものは何でもいただく私ではありますが、とりわけ大きな喜びがあります。この映画祭での受賞を励みとしてより一層精進して参りたいと思います」とコメントしている。

また受賞を記念し、渥美清、東八郎らが活躍した“伝説の演劇場”浅草フランス座演芸場東洋館にてビートたけしの主演作「菊次郎の夏」が上映され、舞台挨拶が行われることも決定した(日時未定)。同館は、若かりし頃のビートたけしがエレベーターボーイとして働きながら舞台に立った“故郷”とも呼べる会場。コメディアンとしても、映画監督としても一線に立ち続けるビートたけし / 北野武の凄味を堪能できるまたとない機会だ。

関連する特集記事

北野武監督が語る「龍三と七人の子分たち」PR

映画ナタリーをフォロー