映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

《シネマ歌舞伎》沓手鳥孤城落月/楊貴妃

《シネマ歌舞伎》沓手鳥孤城落月/楊貴妃

シネマカブキホトドギスコジョウノタクゲツヨウキヒ

解説

坂東玉三郎が強く美しい女性たちを演じたふたつの物語を(シネマ歌舞伎)として上映する。坪内逍遙が手がけた『沓手鳥孤城落月』は、大阪城落城の悲劇を背景にして淀の方とその息子、秀頼が織りなす愛を描いたもの。夢枕獏が玉三郎のために書き下ろした『楊貴妃』は中国・唐の時代を舞台にした作品で、観客を夢幻の境地へ誘う舞踏を堪能できる。

ストーリー

唐の時代、亡くなった楊貴妃への未練を引きずる玄宗皇帝が、彼女の魂を探すよう方士に命じる。やがて方士が蓬莱山の宮殿で魂を呼び出すと、楊貴妃はありし日の美しい姿で現れ、永遠の愛を誓った皇帝との日々を思い出しながら舞うのだった……。(『楊貴妃』)

2019年1月12日(土)公開 / 上映時間:104分 / 製作:2019年(日本) / 配給:松竹

(C)松竹株式会社

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー