金森穣

金森穣

カナモリジョウ

演出振付家・舞踊家。17歳で渡欧し、モーリス・ベジャールらに師事。NDT2在籍中に20歳で演出振付家デビュー。2004年に新潟・りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督に就任し、公共劇場専属舞踊団Noismを立ち上げ、芸術監督に就任。平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞、第60回毎日芸術賞ほか受賞。